外壁

外壁塗装を行う時期

外壁

リフォームなどで外壁塗装を行う際、どのような時期に行うのがいいのかということを詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。

 

外壁塗装は天候や気温などに左右されやすいので、できれば避けておいた方が良い時期もあります。

 

塗装のカタログを見ると、気温が5度以下、湿度が80%以上のときは、塗装を避けてくださいと書かれていることがあります。

 
そう考えると、真冬に外壁塗装をするのは、あまり向いていないとも言えます。

 

首都圏や、南の暖かい地域ならば、そこまで気温が下がることもないので、冬でもそこまで問題になることはないでしょう。

 

しかし新潟は真冬は気温も低く、風も強いのがあたりまえです。

 

塗装は上塗りをしていくのが基本です。

 
そのため、下地が十分に乾いていないと、上塗りすることができません。

 

気温がとても低い場合は下地がなかなか乾かないため、乾燥までに時間がかかってしまいます。

 
特に東北地方では、真冬の時期は気温5度以下の日がほとんどです。

 

さらに0度以下になってしまうと塗膜が凍ってしまうため、もはや仕事になりません。

 
ですので、これらの地域では冬の一定期間は外壁塗装などはほとんど行われていません。

 

また、いつ塗り替えを行うべきかというサイクルは、下地の材料や外壁の種類によって異なってきます。

 
塗装は建物が傷まないために必要なことです。

 

直接、紫外線や風雨などにさらされてしまうと、建物はすぐに傷んでしまいます。

 
そうならないためにも、適切な時期にリフォームを施しておきたいものですね。

 

外壁塗装のリフォームを予定されている方は思い立ったらすぐにできる季節かどうか。

 

建物がそれほど傷んでしまわないうちに。

 

お気軽にご相談いただければと思います。