ヒーター

石油ファンヒーターを見直しましょう

ヒーター

冬場は暖房の買い換えを考えていらっしゃる方は多いでしょう。

 

高気密高断熱住宅のお住まいの方はカンケイないかもですが。

 

一時期は灯油の価格上昇などで販売市場も少なくなっていましたが、最近は久しぶりに石油ファンヒーターが見直されつつ有ります。

 

このことは震災などで電気が使えなかったりしたことも影響があるようです。

 

石油ファンヒーターでも人感式にものがあります。ヒーターの前に人がいないと省エネモードになったり、時間の経過によっては一度消化して再びスイッチを入れるまで待機するものもあります。

 

今年の冬に向けて新たに石油ファンヒーターを購入しようとお考えの方はこういった機能を備えたものに変更すれば電気代や灯油代も節約されますので光熱費も減って一石二鳥です。

 

しかし、予算の関係上、今年はなんとか石油ファンヒーターを買い換えずに今の石油ファンヒーターをそのまま使って今年の冬を乗り越える方にも朗報があります。

 

設定温度を1度下げるだけで10%の光熱費の節約になります。これだけでいいのです。

 

さらに石油ファンヒーターの裏についているフィルターを掃除機などでこまめに掃除するだけでも光熱費は減らすことができます。

 

その他にも石油ファンヒーターの前に温風の邪魔になるものを置かないようにして、部屋全体に暖かさが伝わるようにすると効率がよくなります。

 

少しの工夫で光熱費の節約につながります。