ペン

注文住宅と建売住宅とリフォーム

ペン

注文住宅とはオーダーメイドの新築住宅のことです。

 

お客様から注文をいただいてから建築する住宅のことをいいます。

 


それに対して建売住宅は工務店や建設会社・ハウスメーカーが建てた住宅を購入するものです。

 


どちらを購入するかは、人それぞれですが、家族構成や年齢などが同じケースはほとんどありませんから、住むことを考えると注文住宅が一番でしょう。

 


ただ、費用的には建売住宅の方が注文住宅よりも安く済みます。
注文住宅では注文する人のこだわりを反映するため、当初の計画よりも高くなってしまうことが多いようです。

 


それでも自分が希望しているのですから、納得できるでしょう。
しかし、家族構成が一生変わらない人はいません。

 


はじめは小さかった子どもたちもいずれは成人して家を出ていきます。

 


そのころになるとリフォームをする必要が出てくるかもしれません。

 


また、家族の考え方が時代によって変わってきます。
昔のように長男が家を継ぐ必然性はなくなってきました。

 


老夫婦二人だけで生活している人も少なくありません。
二人だけなら注文住宅は広すぎることになるでしょう。

 


現在住んでいる大きな家を売って、小さな建売を購入する人もいます。

 


家がなければ生活はできませんが、自分の所有物でなくてもいいと思うのでしょう。

 


注文住宅と建売住宅のどちらがいいかと言う判断は非常に難しい問題です。

 


人によって答えが違ってきますし、正解などありません。

 


注文して建ててもらった住宅でも、住んでみるといろいろと不都合な点が出て来ることはままあります。

 

しっかり考えたと思っても、抜けているところがあるのです。
建売住宅も注文住宅はほとんど変わらないのかもしれません。

 

 

大金をかけて大きな買い物をするよりも。

 

今あるものを最大限に活かしてリフォームして。

 

また新たな住まいのスタートをすることをオススメします。

 

国や地方自治体もこういった「いまあるものを活かす」活動に前向きです。

 

各種助成金の制度もありますので利用しない手はありません。

 

どちらにしようか?どうしたらいいのか?悩んでいらっしゃる方は弊社にご連絡ください。

 

煩雑な助成金の手続きなどの代行も行っております。