スクリーンショット 2015-01-09 16.16.01

インテリアに馴染むこたつとは。

スクリーンショット 2015-01-09 16.16.01

住まいの寒さ対策をしようとすると、見栄えがあまり良くないというデメリットが往々にして生まれます。

 

暖かいけれど、部屋を美しく見せることはなかなか難しいのが実際のところです。

 

インテリアが好きな方は、なおさら、お部屋の見栄えが良くないのが懸念されることでしょう。

 

最近の家具は、このような寒さに伴う悩みを解消できるようなあったか機能を含んだものが続々と登場しています。

 

家具本来のインテリア性を損なわず、寒さ対策にもなる家具を取り扱うお店が増えています。

 

大手家具店の家具売り場では、「ダイニングこたつ」を販売しています。

 

その名の通り、こたつ布団を取ればダイニングテーブルとして使えるので、まさに一石二鳥な暖房機器です。

 

ダイニングテーブルとこたつを別々に買う必要がないわけで。

 

また、こたつ布団の上にかけるカバーで、お部屋の雰囲気に合わせてインテリア性を維持できる、まさに新しい家具も販売されています。

 

ダイニングこたつのメリットは、直に床に座らなくても良い点で、足腰が弱いお年寄りの方にもおすすめです。

 

ダイニングこたつがお部屋に合わないという方には、布団がいらない「光ヒーターダイニング」があります。

 

こたつに本来取り付けられているファンがないためにホコリも立たないのがダイニングこたつのメリットで、見た目もすっきりしています。

 

こたつはやはり入ったままゴロリと寝られるものが良いという方には、季節に応じて脚の高さを変えられるダイニチこたつもあります。

 

ニッセンの「高さが変えられる3WAYこたつテーブル」は、2種類の脚で高さを変えられます。

 

3段階に高さを変えられるのに、お値段は10,000円台から20,000円台と、非常にお手頃価格です。

 

楽しく住まいのインテリア性を保ちながら寒さ対策ができる家具なら、ガマンしている感覚もなく、暖房を最低限に抑えることができますね。