外壁

省エネ住宅ポイントの外壁について

外壁

 

新潟県は海岸にもっとも多く面している県です。

村上方面から車で糸魚川まで移動するとよくわかりますね。

 

 

それだけ海に近い地域ということです。

海に近いということは良い面も悪い面もあります。

 

 

海水浴や釣り、サーフィンなどが趣味の方はとってもいい地域だと感じると思います。

 

 

しかし反面、住まいにとってはどうなのでしょう。

 

 

お住まいの外観は美人ですか?

 

 

わたしのところに依頼のあるお客様は「外壁の塗装がはげてきた」

「外壁がはがれた」「さびてきた」などのお話が多いです。

 

 

海に近いということはそれだけ他県よりも潮風にあたる回数が多いということなのです。

 

 

外壁は潮風にあたっても時々水をかけたりしてメンテナンスしていれば、ある程度は保ちます。

 

 

潮風だけならまだしも海水を含んだ砂も飛んできますね。

 

 

屋根瓦も材質によってはメンテナンス次第で痛み具合が違ってきます。

 

 

日曜大工の得意お父さんであれば、ちょくちょく補修することも可能でしょうけれど。

 

 

実情はそうはいきませんね。

 

 

屋根というのは見上げないとなかなか普段は見ない箇所です。

 

 

気がついたらいつの間にか傷んでいた。屋根業者に指摘されて気がついた。ということがほとんどです。

 

 

屋根の改修や外壁補修は室内のリフォームに比べると後回しになる場所でもあります。

 

 

屋根や外壁は住まいの顔でもあります。

外観が傷んでしまってはとても美人とはいえません。

 

 

屋根や外壁を補修することでエコポイントが発行される制度が3月からはじまります。