スクリーンショット 2015-04-09 11.48.11

ユニットバスとシステムバス

スクリーンショット 2015-04-09 11.48.11

「ユニットバス」という言葉は、現在では誰もがご存じだと思いますが、実際のところ、それがどのようなバスルームを指してそう言っているのか、きちんと把握していないかたは多いようです。

 

 

一般的には、ビジネスホテルやワンルームマンションで使われている浴槽と洗面所と洋式トイレの3つがコンパクトに一体となったタイプのものをユニットバスと認識しているようですね。

 

 

実際にはトイレや洗面所がないタイプであってもユニットバスと呼びます。

 

 

工場において、壁や床、天井などと一体に作られているものがユニットバスです。

 

 

最近はシステムバスという呼び方のほうが増えてきています。

 

 

逆にユニットバスではないバスルームはどのようなタイプかといいますと、最近の若いかたはご覧になったことがないかもしれませんが、数十年前の一軒家ではよく見かけました。

 

 

バスルーム用のモルタルの部屋にタイルを貼りつけ、浴槽を置いたものです。 壁や天井や床と一体化していませんので、窓があるのが普通です。

 

 

しかし、このタイプは非常に寒いことなどが原因で、ユニットバスにリフォームするかたが増えてきました。

 

 

ユニットバスは窓がないのが普通でしたが、最近、システムバスと呼ばれるようになった理由のひとつとして、壁や天井を選べるようになったから、という理由もあります。

 

 

その場合、壁に窓があるタイプも選べるようになったのです。

 

 

窓付きのユニットバスを望んでいたかたはには朗報ではないでしょうか。 リフォームの際には、ぜひ選択肢のひとつに入れてくださいね。