スクリーンショット 2015-04-14 12.22.59

最新のバスルームは掃除が楽!!

スクリーンショット 2015-04-14 12.22.59

昔ながらのユニットバスは、壁も床も天井もバスタブもすべてが画一的に決まっていたものがほとんどでしたが、だんだんと、それらひとつひとつを選べるようになってきました。

 

 

そこでユニットバスから、システムバスと呼ぶことが増えてきました。

 

 

この選べる壁や床、天井、バスタブなどについてお話してみたいと思います。

 

 

最新のバスルームにリフォームするかたの多くは、とにかく掃除がしやすくてカビが生えにくい壁、床、天井を望んでいます。

 

 

一度でもお風呂掃除をしたことがあるかたでしたら、身を持ってこの切実な思いがわかることでしょう。

 

 

そのため、システムバスのメーカーも工夫に工夫を重ねて、いかに掃除をラクにするかということに力を注いでいます。

 

 

その結果、バスルームをリフォームするかたにダントツの人気が出たのが、「排水性の高い床」です。

 

 

排水性が高いということは、バスルームを使用したあと、すぐに乾いてくれるということですから、カビも嫌なぬめりも発生しにくいということでもあります。

 

 

床がいつまでも濡れていますと細菌が繁殖したり、カビが発生したりしますから、乾燥しやすい床はそれだけでも掃除の手間が格段に省けるというものです。

 

 

そして、床を排水性の高いものに替えるのであれば、当然ながらそれと一緒に掃除がしやすい排水溝も選ぶことでしょう。
排水溝の掃除は本当に大変ですよね。

 

 

毎日、入浴するたびに掃除をしていれば、それほど大変なことでもないのですが、数日放っておくと汚れが取れにくくなってしまいますからね。

 

 

バスタブそのものの掃除はそれほど大変ではありませんが、それでも時間がないかたにとっては大変と感じることもあるでしょう。

 

 

とにかく忙しいかたのために、浴槽自動洗浄システムなどもあります。

 

 

せっかくリフォームするのですから、その後は出来るだけ綺麗なバスルームを持続させたいもの。 掃除がラクなバスルームにしたいですね。

ユニットバスへの交換で新潟市からの補助を受ける制度の対象になります!!