スクリーンショット 2015-04-27 10.28.47

リフォームとキッチンのスタイル

スクリーンショット 2015-04-27 10.28.47

キッチンをリフォームする際に、どんなスタイルのキッチンにするかを決めなければいけません。

 

 

キッチンのスタイルは他の空間とのつながり方によって、オープンキッチンとクローズドキッチンに分けられます。

 

 

オープンキッチンとはキッチンからダイニングなど他の部屋との間に仕切りがなく、空間がつながっているスタイルです。

 

 

さらにI型キッチン、対面式キッチン、アイランドキッチンに分けられます。

 

 

クローズドキッチンとはキッチンを部屋として独立させたスタイルです。
ダイニングやリビングからはキッチンが見えません。

 

 

最近ではセミオープンキッチンと言われるスタイルも増えています。

 

 

これは調理台やシンク前の一部分の壁が開けられていてダイニングとつながっているスタイルです。

 

 

一部分はオープンになっていても、一応壁でダイニングと仕切られているため、独立性も兼ね備えています。

 

 

マンションなどの集合住宅に多く取り入れられています。

 

 

またキッチンの形によってI型、L型、U型、アイランド型などに分けられることもあります。

 

 

キッチンの形によって動線が大きく変わります。

 

 

自分の行動パターンを考えて、一番効率のよい形を選ぶことが大切です。

 

 

最近のリフォームでは家族とコミュニケーションをとりながらお料理できるオープンキッチン、その中でもアイランド型の人気高いようです。

 

 

キッチンのスタイルにはそれぞれメリット、デメリットがあります。

 

 

家族構成や生活スタイルを考えて、どんなキッチンが適しているか、優先させたいことは何かを明確にすると、キッチンのスタイルも自然に決まってくるでしょう。