節水トイレ

普通のトイレと節水トイレの違い

節水トイレ

最近のトイレの特長として節水タイプが増えてきたことが上げられます。

 

 

節水タイプと通常のトイレはどのように違うのでしょうか。

 

 

これからリフォームを考えている場合、節水トイレにすべきなのでしょうか。

 

 

これまでのトイレとは1990年代に販売されていたトイレのことですが、1回の洗浄で13.20リットルの水を使用していました。

 

 

しかし、現代の節水トイレはわずか4リットルの水で済ませられるのです。

 

 

4人家族で計算すると年間でお風呂250杯分に相当する量の節水ができることになります。

 

 

もちろん、家族構成が変わればもっと差が付くことになるでしょう。

 

 

それでは4リットルの水だけで洗浄はできるのでしょうか。
洗浄の方法が変わったのです。

 

 

少ない水でどうすればきれいに洗浄できるかをメーカーが研究した結果が、その数字に表れています。

 

 

水を少なくして洗浄できなければ意味がありません。

 

 

洗浄する時に水が渦を作るようにします。
便器の構造を渦ができるようにするのです。

 

 

そうすると少ない水で洗浄力を高めることが可能になります。
すべてのメーカーが同じような仕組みを作っています。

 

 

リフォームをする時に便器のメーカーをどこにするか迷ってしまうかもしれません。

 

 

しかし、節水タイプのトイレならどこのメーカーも同レベルの性能があります。

 

 

後はデザインやその他の部分で差を付けているのです。

 

 

トイレ掃除が簡単になるような工夫もされています。

 

 

パナソニックの場合は掃除そのものをしなくて済むようになりました。

 

 

節水型のトイレに交換することで補助金や助成金の対象になります。。
トイレのリフォームをお考えの方は業者さんに相談されてみてくださいね。