スクリーンショット 2015-05-01 14.30.44

リフォームとオープンキッチン

キッチンをオープンキッチンへリフォームする家庭が増えています。

 

 

オープンキッチンはキッチンとダイニング、リビングの空間が仕切られていないキッチンのことです。

 

 

オープンキッチンを選ぶ理由は様々ですが、「家族の様子をみながら料理をしたい」「家族や仲間と一緒にお料理がしたい」というものが多いようです。

 

 

オープンキッチンはさらに大きく3種類に分けることができます。

 

 

壁に沿ってキッチンが配置されたI型キッチン、対面式のカウンターが配置される対面式キッチン、そして島のように配置されたアイランドキッチンです。

 

 

オープンキッチンはリビングやダイニングにいる家族とコミュニケーションをとりながら料理や片付けができるのが最大のメリットです。

 

 

小さい子供がいる家庭では子供に気を配りながら家事ができるため安心です。

 

 

また解放感があり、部屋が広く感じられることも魅力です。

 

 

反対に散らかりやすいキッチン周りがリビング、ダイニングから丸見えになってしまうというデメリットがあります。

 

 

調理中の匂いや音もリビングまで流れてしまうでしょう。

 

 

こういったデメリットを克服するためには、調理中の匂いを部屋中に充満させないよう、コンロの位置、換気扇の大きさや性能を工夫することも効果的です。

 

 

また収納を工夫して、丸見えのキッチンに目隠しする方法もあります。

 

 

リビングダイニングからの目線を考えて、あらゆる収納や設備、レイアウトを考えることがオープンキッチンのリフォームで重要なポイントです。