キッチン

キッチンのリフォームと省エネ

エコの時代、せっかくキッチンをリフォームするなら、省エネにも配慮したいものです。

 

 

家の中で最も使用する時間が長く、エネルギーを多く消費するキッチンは、工夫次第で大きな省エネ効果が期待できる空間です。

 

 

キッチンの設備選びは使い勝手や手入れのしやすさで選びますが、それに加えて短時間で調理ができることも大切です。

 

 

そこで人気を集めているものはIHクッキングヒーターです。

 

 

IHクッキングヒーターは電力によって鍋そのものを発熱させる加熱機器です。

 

 

ガスコンロより効率的に加熱ができるため調理時間が短縮でき、周りの空気を温めないため余計な冷房を使わずに済みます。

 

 

またタイマー付きや自動調理機能がついたものもあり、機能的にも優れています。

 

 

一般家庭で多く使用されているガスコンロでも、最新のものは3口ついているものがあり、グリルとフル活用することで効率のよく調理ができます。

 

 

リフォームの際に食器洗い乾燥機を取り付ける家庭も増えています。

 

 

電気代はかかりますが、手洗いの場合と比べると少ない水の量で洗浄できるため省エネだと言えます。

 

 

また家中のお湯をつくる給湯設備もキッチンの省エネのポイントです。

 

 

現在はガス式と電気式が主流ですが、最近は太陽熱や自家発電を利用した設備も増えています。

 

 

省エネ効果が高いものでは国の補助金が得られるものもあります。

 

 

他にも熱のこもりやすいキッチンの風通しや採光を工夫して冷暖房に頼らない間取りにすることや、キッチンの照明を省エネタイプに替えることも省エネになります。