トイレ

トイレの仕組みを知っておこう

毎日使用しているトイレですが、その仕組みを知っているでしょうか。

 

 

レバーを回すだけで、水が流れ出し、汚物をきれいに洗い流してくれます。

 

 

一定量の水が流れた後は、水が漏れないように止まってくれます。

 

 

故障すると、水が止まらなくなったり、水が出なくなったりします。

 

 

自分で修理することもできるのですが、簡単ではありませんから、専門業者に依頼すべきでしょう。

 

 

ただ、トイレが水浸しになってしまわないように、どこを回せば水が泊まるかくらいは知っておきましょう。

 

 

トイレには止水栓と呼ばれるネジがあります。

 

 

ドライバーなどで回すタイプが多いのですが、それでトイレの便器に水が供給されなくなるのです。

 

 

トイレの調子が悪くなって、床が水浸しになったり、頻繁に水が漏れたりするのであれば、いっそのことリフォームして、新しいトイレに変えることも悪くありません。

 

 

もちろん、そのためにはトイレ代と工事費が必要です。

 

 

リフォームのための見積もりを取ってみましょう。

 

 

どうせなら最新式の便器にすると、きれいになってうれしくなります。

 

 

トイレがきれいだと、毎日が楽しくなってきませんか。

 

 

トイレの仕組みをすべて知っておく必要はありません。

 

 

通常のトイレはタンクが付いていますが、最新のトイレはタンクがありません。

 

 

どこに行ったのでしょうか。

 

 

それともタンクを必要としないのでしょうか。

 

 

また、トイレの便器の底にはいつも水が溜まっています。

 

 

これが異常だと勘違いする人もいます。

 

 

配管からの臭いを水で遮断しているのです。

 

 

トイレと一口に言っても知らないことがたくさんですね。