リフォーム

リノベーションの計画について

傷んだ住まいの原状回復をするのがリフォーム、前よりさらにいいプラスの状態にするのがリノベーションといった具合に使い分けられることもありますが、基本的にはあまり違いを意識せずに使われることが多いです。

 

 

リフォームするにも、リノベーションするにも大切なのは、信頼できる会社に依頼すること、自分の予算、目的、価値観にあった会社を選ぶことが成功のポイントとなります。

 

 

リノベーションをする場合の一連の流れについて説明します。

 

 

リフォームでも、リノベーションでも最初に自分がどうしたいのかイメージをつくる必要があります。

 

 

そこで活用したいのがホームページやブログなどです。

 

 

リノベーション会社がこれらの情報を発信していますから、積極的に閲覧することをおすすめします。

 

 

どういったイメージにしたいのが自分の思いが固まりやすくなりますし、どこの会社に頼むのがいいのか会社選びにも役立つからです。

 

 

リノベーションを依頼する会社が決まったら、その会社が行っている無料見積や問い合わせをします。

それらの問い合わせフォームがなければ電話相談やメールでも大丈夫です。

 

 

持家の場合、現況確認やヒアリング、資金計画、スケジュールなどについて説明してもらうことができます。

 

 

この時点でフィーリングが合えば、その会社に依頼することになります。

 

 

続いて、持家でないときには物件探しが始まります。

 

 

物件探しから設計、施工まですべて行うワンストップ型のリノベーション会社にした場合には、リノベーションの費用などについて考慮しながら物件探しをしてもらうことができます。

 

 

立地、価格、様々な条件に合う物件が見つかったら、物件調査をして希望するリノベーションが行えそうか、コスト面で予算内に収まりそうかチェックして条件に合えば依頼することになります。