キッチン

マンションのキッチンのリフォーム

近年、住宅のリフォームが話題になっていますが、最近では手持ちの分譲マンションをリフォームする人も増えています。

 

 

一戸建てとマンションのリフォームの大きな違いは、一戸建ては所有者の判断だけで行えるのに対し、マンションの場合は法律や規約に基づいて行わなければならないということです。

 

 

自分の家に当たる占有部分でも色々な制限があり、好きなようにリフォーム出来るわけではありません。

 

 

分譲マンションは「区分所有法」という法律によって、専有部分と共有部分に分けられています。

 

 

さらにリフォームについてはマンションの管理規約などで注意事項が定められています。

 

 

共用部分には屋根や外壁、ロビー、通路などの他、各戸の窓サッシや玄関ドア、バルコニーも含まれます。

 

 

この部分に関わるリフォームの場合は、必ず管理組合の同意が必要になります。

 

 

キッチンのリフォームをする場合、同じ位置でのリフォームは簡単にできますが、キッチンの移動を伴うリフォームは配管や排煙ダクトの位置に関係してくるため、ある程度制限されてしまいます。

 

 

クローズドキッチンからオープンキッチンにするような壁を取り払う必要がある場合は、共用部分の工事を伴うこともあるため、事前に管理組合に確認する必要があります。

 

 

またガスコンロからIHクッキングヒーターへ取り換える場合も、契約の電圧を替える必要があるため、管理規約を確認した方が無難です。

 

 

マンションによっては承認のいらない程度の簡単なリフォームの範囲を定めている場合もあります。