キャンドル

最新のバスルーム事情(調光システム)

バスルームはもはや身体を洗うためだけの場所ではなく、リラクゼーションのための場所と捉えているかたが非常に増えてまいりました。

 

 

朝風呂も気持ちの良いものではありますが、一日の仕事を終えて夜、ゆったりとお湯につかるあの寛ぎタイムは、他の何ものにも代えられないような幸せ感を伴います。

 

 

外が少し寒くなってくる季節はなおさらですね。

 

 

一つ一つの細胞が温められてリラックスしてゆくのがわかるようです。

 

 

最近では、そんなリラックスのための入浴タイムに、電気を消してアロマキャンドルなどを灯すかたが増えているのをご存じでしょうか。

 

 

やはり深いリラクゼーションのためには、部屋が暗めのほうが良いですからね。

 

 

そのようなわけで、バスルームのリフォームの際には、内部の灯りを調節するための「調光システム」を取り入れるご家庭が増えてきています。

 

 

バスタブでゆったり寛いでいるときには灯りを暗めにして、身体を洗う時には明るくして、というようにバスルーム内を好みの明るさに調整できるようになります。

 

 

これもまた、あまり必要のない機能のように思うかたもいらっしゃるかもしれませんが、実際に、お湯につかりながら電気を消して、キャンドルの灯りだけで一度入浴してみるとその良さが実体験としてわかると思います。

 

 

この調光システムに加えて、ジェット噴流なども組み合わせますと、ご自宅のバスルームで一日の疲れがすっかり取れてしまうでしょう。

 

 

抱えていたストレスもだいぶ発散できることでしょう。

 

 

その後、すぐに睡眠に入ればぐっすりと深い眠りに入ることも可能ですし、翌日には心身ともにリフレッシュしています。

 

 

バスルームのリフォームによって、入浴タイムが大好きになるかたは多いです。

 

 

あなたもきっとそのようになるといいですね。