クレジット

二世帯住宅のリフォーム費用を安くする

二世帯住宅では同じようなリフォームでも費用を安くすることを考えなければなりません。

 

 

知らないと損をしてしまうことにもなるでしょう。

 

 

どのような方法で費用を抑えることができるのでしょうか。

 

 

簡単な方法としては導入設備のグレードを下げるとか、工事の範囲を絞り込むことが考えられます。

 

 

ただ、計画に反して意外と高い費用になってしまう可能性もあります。

 

 

安く済ませようとして逆に高くなってしまうケースもあります。

 

 

どこがポイントかを知っておかなければ高いリフォームになってしまいます。

 

 

高くついてしまうリフォームの例を上げてみましょう。

 

 

まず、標準規格から逸脱している寸法が必要となるケースは少なくありません。

 

 

入り口を広く取りたい、窓を広げたいと思う時に、間取りにピッタリの寸法を希望するでしょう。

 

 

しかし、メーカー標準品にはない寸法を指定すると、特注品となり費用を高くする原因となります。

 

 

できるだけ標準で済ますことが大切です。

 

 

それから、複数の業者が作業するパターンは狭い部分のリフォームでも高くなります。

 

 

水回りや増築の場合は、材木の工事、外壁工事、内装工事、基礎、屋根、ガス工事、水道工事と業者はバラバラです。

 

 

人の手がたくさん必要になるのです。

 

 

当然高くなります。

 

 

二世帯で住む場合には、高くつくことが多いのですが、二世帯としてどの部分が必要なのかを見極めることが大切です。

 

 

ケチってはいけないところと妥協すべきところを区別することです。

 

 

そのために二世帯住宅の目的を明確にしてくださいね。