スクリーンショット 2015-06-20 16.58.55

キッチンのリフォームと収納

スクリーンショット 2015-06-20 16.58.55

キッチンの収納は主婦にとって作業効率を決める重要な問題です。リフォームの相談でも、とにかく収納をなんとかしたいという希望が多いようです。

 

 

キッチンには色々な物が収納されます。

 

 

調理器具、調味料、食器、買い置き食品、掃除道具、他にも色々。収納スペースは多いに越したことはありませんが、それ以上に使いやすい収納であることが求められます。

 

 

使いやすい収納は使う場所の近くに収納できることが一つのポイントです。

 

 

例えばコンロの下にはお鍋やフライパン、調理スペースの前には調味料やボウルやバット類などの収納があると便利です。

 

 

必要な時にさっと手を伸ばして取ることができる収納が理想的なのです。

 

 

最近ではホームベーカリーやフードプロセッサー、ミキサーなどキッチンに置かれる家電も増えました。

 

 

リフォームのプランの段階で収納の位置を決めておき、近くにコンセントの差し口を設け、すぐ使えるようにしておくと便利でしょう。

 

 

また買い置き食品を収納するスペースも考えておきたいものです。

 

 

小さくても専用の収納スペースとして食品庫があると管理がしやすく使い忘れが防げます。

 

 

最近のシステムキッチンは収納面が工夫されていて、とても使いやすく出来ています。

 

 

特に昔はキッチン台の下の収納は開き扉でしたが、今はほとんどが引き出しになりした。奥にしまったものが見渡しやすく、取り出しやすいため、スペースが無駄なく利用できます。

 

 

忘れられがちなのが分別ゴミ箱の収納です。引き出し式の収納に収めると見た目がすっきりするためお勧めです。