スクリーンショット 2015-06-27 13.27.59

トイレリフォームの費用

2013-08-01 11.18.05

トイレのリフォームを考えているなら、どれくらいの費用がかかるのか気になるところです。

 

 

リフォームと言っても、どの部分を替えるかによって費用は変わってきます。

 

 

最近のトイレ本体は節水トイレが主流です。

 

 

したがって、トイレ本体の交換、ウォッシュレット設置、およびそれらの工事すべてを合わせて、10万円以下が主流でしょう。

 

 

もちろん、壁や床の張替などもリフォームする場合は、その費用を見ておかなければなりません。

 

 

ただ、便器の交換、便座の交換は自分でもできます。

 

 

それほど難しくないからです。

 

 

費用をかけたくないなら自分でやってしまいましょう。

 

 

注意しなければならないのは、水回りですから、きちんと締めておかないと水が漏れてしまうことです。

 

 

温水洗浄便座だけの交換は簡単です。

 

 

便座の場合は汚水が漏れてしまうことになりますから、確実な工事が肝心です。

 

 

それが心配なら、施工業者に依頼しましょう。

 

 

節水トイレや温水洗浄便座にはいろいろな種類があります。

 

 

どれを選ぶかによって、費用は大きく変わってくるのです。

 

 

温水洗浄便座は脱臭機能が付いているタイプが多くなりました。

 

 

メーカーのショールームやホームページで確認しておきましょう。

 

 

ただ、実際に使用してみなければわからないこともたくさんあります。

 

 

カタログだけでは決められないのです。

 

 

他所に出かけた時に、取り付けられているトイレの温水洗浄便座の使い心地を確認するのもいいでしょう。

 

 

慌ててリフォームする必要はありません。