18662150882_ce2f20008f_z

二世帯住宅のリフォーム

18662150882_ce2f20008f_z

二世帯住宅に限らず、リフォームを考えるなら、その費用はもちろんですが、施工御者選定も重要です。

 

 

建売住宅を作っている会社とリフォームの会社は違います。

 

 

二世帯住宅をたくさんリフォームした経験を持っている業者の方が様々な提案をしてくれるでしょう。

 

 

自分たちでは気づかなかったポイントを指摘してくれるかもしれません。
 

 

費用の面ではできるだけ安く上げるために工夫をすることも大切です。

 

 

一口に二世帯住宅と言ってもいろいろなパターンがあります。

 

 

完全同居から完全分離まで家族の状況に合わせて計画することが大切です。

 

 

リフォームですから、現在の間取りをできるだけ活かして計画することも大切です。

 

 

出入り口や浴室など限定した部分のリフォームをする場合もあるでしょう。

 

 

予算を考えて、その範囲内でのリフォームが大切です。

 

 

親子ローンなどの活用で大幅なリフォームを計画する人もいるでしょう。

 

 

それぞれの家族の考え方に合わせることが大切です。

 

 

一番重要なのは家族が満足できるリフォームにすることです。

 

 

まずは家族会議を開きましょう。

 

 

どのような考え方で進めるかを明確にしなければなりません。

 

 

プライバシーを確保しながら、台所を分離したり、浴室を分離したりすることも必要でしょう。

 

 

リフォームが大掛かりになればそれだけ費用がかさみます。

 

 

どこで妥協するかがポイントです。

 

 

ただ、100万円程度のリフォームでもいろいろなことができます。

 

 

台所だけ、玄関だけに限定すればいいのです。