最近のクーラーと使う季節

スクリーンショット 2015-07-31 13.54.18

クーラーが必要な季節は夏場ですね
 

 

もちろん、最近のクーラーはエアコンになっていますから、冬場の暖房器具としても使用することが多くなりました。

 

 

ただ、クーラーとして購入するのであれば、夏場の冷房性能を比較して機種を決めることが重要です。

 

 

メーカーのカタログを見ると、冬場の性能を強調している場合もあるのです。

 

 

冬場と夏場の電気代は冬場の方がかかると言われています。

 

 

ただ、冬場はストーブなどのエアコン以外の家電品がありますから、エアコンの性能が劣っていても気にすることはあまりないのです。

 

 

これに対して夏場の冷房はクーラー以外では扇風機だけです。

 

 

暑い部屋に扇風機があっても、ほとんど役に立たないでしょう。

 

 

したがって、エアコンとして購入するよりもクーラーとしての性能をしっかりとチェックしてください。

 

 

必要ならメーカー間の比較をします。

 

 

価格だけではわからない部分がたくさんあります。

 

 

最近のクーラーは省エネ志向が強くなっています。

 

 

消費電力が少なければいい製品だとメーカーは宣伝しているのです。

 

 

もちろん、消費電力が少なければ電気代が安くなりますから、結果的にお得な商品を購入したことになります。

 

 

その年によって、夏場の暑さがかなり違います。

 

 

今年は良くても来年は違うかもしれません。

 

 

クーラーの買い替えは10年後ぐらいが一般的です。

 

 

それまでは同じ機種を使用するのですから、冷夏だったとか暑い夏だったと言うことを気にせずに機種を選んでください。

新潟でリフォームなら!こだわりの女性建築士目線で提案します