16929580590_41c179b92c_z

トイレのリフォームの問題 

16929580590_41c179b92c_z

家族の不満を取り除くためのトイレのリフォームですが、不満が残ってしまうことも少なくありません。

 

 

リフォームの失敗例から、どこに問題があったのかを考えてみるといいでしょう。

 

 

トイレの床材の選び方を間違ってしまい、無垢の床材が黒くしみだらけになってしまうことも。

 

 

トイレは水を使用することが前提です。

 

 

水に強い素材を使用しなければならないのです。

 

 

タイル床もいいでしょうし、ビニールシートタイプでも構いません。

 

 

汚れることを前提として、掃除しやすい素材を選んでください。

 

 

トイレの便器には手洗い器が付いたタイプがあります。

 

 

手洗いをして、タオル掛けまで手を移動させる時に、水滴が床に落ちてしまいます。

 

 

年数が経つとかなり汚れが目立つようになります。

 

 

タオル掛けの位置に対する配慮がなかったためです。

 

 

見かけをすっきりすることも大切ですが、実際に使用する時のことをイメージしなければなりません。

 

 

水がかかるところにはそれなりの対策をしておかなければならないのです。

 

 

温水洗浄便座を使用したいと思う人は多いのですが、そのために便座の大きさが大きくなることがあります。

 

 

取り付けは問題ないのですが、トイレ全体が狭くなって、使用しにくいケースもあります。

 

 

リフォームではトイレのスペースを変えることはできませんから、便器の大きさを確認しておくことが大切です。

 

 

使用者が座ったり立ったりするスペースを確保しておきましょう。

 

 

トイレのリフォームは失敗したからと言って、やり直すことは容易ではありませんので。