morning-819362_1280

キッチンのリフォームと浄水器

morning-819362_1280

現在では多くの家庭でキッチンに浄水器を設置しています。

 

 

キッチンのリフォームでも浄水器をビルトインにする家庭が増えています。

 

 

しかし水道から出る水はキレイなはずなのに、なぜ浄水器が必要なのでしょうか?

 

 

日本の水道水は途上国とは違い、厳しい規定によって高い水質を保っています。

 

 

その上、水が蛇口から出るまで殺菌効果がある塩素が含まれており、安心して飲むことができます。

 

 

それなら浄水器は必要ないと思われますが、この塩素が水道水をまずくしているという実態もあります。

 

 

いつも田舎で井戸水を利用している人が都会の水道水を飲むと、必ずと言っていいほどまずいと感じるようですが、これは塩素によるカルキ臭が原因です。

 

 

浄水器は活性炭やろ材、セラミックなどを利用して残留塩素やカビ臭、カルキ臭など、身体に悪影響を及ぼす危険物資やさびを取り除いてくれます。

 

 

マンションでは貯水槽の水を利用しているため、水質が劣ることも考えられますが、浄水器を設置していれば、不純物を取り除けるため安心です。

 

 

浄水器は家族の健康に関わるキッチンの水を、いつも安全で美味しい水に保ってくれるのです。

 

 

浄水器には色々な種類があります。蛇口直結型、据え置き型、元栓直結型、ビルトイン型など、キッチンのスペースや用途、費用を考えて選ぶとよいでしょう。

 

 

ビルトイン型の浄水器の場合には簡単なキッチンのリフォームとなります。他の型に比べて初期費用はかかりますが、カートリッジの交換期間が長く、お手入れも簡単です。

新潟でリフォームなら!こだわりの女性建築士目線で提案します