bathroom-389262_1280

最近のバスルーム事情(保温性のあるバスタブ)

bathroom-389262_1280

一般的にバスルームのリフォームをお考えになるのは、ご家族で住んでいるかたがたでしょうね。

 
他のお部屋も同様ですが、やはりお一人で暮らしている家よりも複数で暮らしている家のほうが、劣化は早いです。

 
とくにバスルームは、家族の人数が多いほど汚れもたまりやすいですし、湿気も充満していてカビが生えやすいです。

 
また、小さなお子様がいらっしゃれば両親のどちらかと入浴するので良いのですが、成長してひとりで入浴するようになりますと、ひとりのバスタイムが終わるたびに追い炊きをしなくてはなりません。

 
冬場などは、ひとりで入っている途中でさえ追い炊きすることも普通のことですよね。

 
これは、今まで使われていたバスタブの保温性が悪かったからでもあります。

 
そして、私たちはそれを普通のことと思っていて、バスタブに蓋をかぶせるなどして少しでも保温をしようと頑張っていたのです。

 
しかし、バスタブの蓋を使用しているかたは年々少なくなってきています。

 
それもそのはず、蓋はつねにお湯からの蒸気で濡れていて、少し放っておきますとすぐにカビだらけになってしまいます。

 
また、冬の寒い時期にお湯が冷めないようにとバスタブの広範囲に蓋をしたまま入浴するかたもいらっしゃいますが、そういたしますとバスルームが温まりませんから、ゆっくりと落ち着いて身体を洗うことも出来ません。

 
それで最新のバスタブは、バスタブそのものに保温性を持たせたものがとても人気なのです。

 
追い炊きの回数を格段に減らすことが可能です。

 
そうすると、ご家族が次々に時間を合わせて慌てて入る必要もないですし、ガス代の節約にもなります。

 
ご家族の人数が多いかたや寒冷地にお住まいのかたのリフォームには、保温性のあるバスタブを強くおすすめいたします。