スクリーンショット 2015-11-13 15.41.00

トイレリフォームの失敗例

スクリーンショット 2015-11-13 15.41.00

トイレリフォームの失敗例を紹介しましょう。

雰囲気をよくしたいと思って間接照明にしたけど、暗すぎて健康チェックができないと言うケースがあります。

基本的にトイレは個室ですから、自分だけで過ごすのです。
できるだけ明るくしておきたいものです。

最近は排便の状況によってある程度の健康度合いを見ることができると考えられるようになりました。

暗くするのは大きな間違いですね。 それから、明るくしようと窓を広げたら外からの視線が気になるようになった例もあります。

これは程度問題ですね。 トイレットペーパーや衛生用品の収納場所も失敗が多いようです。

トイレに座ったままではトイレットペーパーが取れない場所にあるとか、床においてしまうと汚れが気になってしまうと言う失敗です。

実際にトイレを使用する時のことをイメージしておかなければなりません。

トイレで使用するスリッパも失敗が多いようです。
スリッパが扉に引っかかってしまうのです。

トイレをリフォームしても、床にトイレマットを敷きますね。 その高さを考慮しておかなければならないのです。

このような失敗をしないためにどうすればいいでしょうか。
トイレのことをよく知っているリフォーム業者を選ぶことが大切です。

多くの施工業者は家を建てたり、リフォームをしたりしても、その後のフォローをしていません。

自分たちが作った家にどのような不満があるのかを把握していないのです。

その点で言えば、トイレの施工をたくさん行っている業者の方が情報を共有していますから、失敗例から学んでいることでしょう。