closet-912694_1920

衣類の湿気対策

closet-912694_1920

大切な衣類、バッグ、靴。
いつまでも長くいい状態で使いたいものですね。

このような身の回りのものの湿気対策に、どのような事をされていますか?

除湿剤を置くのは基本ですが、除湿剤をしっかり置いていたのに、湿気によってカビができてしまった、嫌な臭いがうつってしまったという人はいませんか?

除湿剤を置く以外にも、湿気対策はいろいろあります。ここで、日常生活で簡単にできる湿気対策を紹介します。

脱いだばかりの服を、汚れていないからと、すぐにクローゼットやタンスに入れるのは厳禁です。

汚れていないように見えても、脱いだばかりの服というものは、意外と湿気や臭いが付いているものなのです。

それをそのままクローゼット、箪笥に戻すと、他の衣類にも湿気、臭いをうつしてしまうことになりかねません。

脱いだばかりの服は、ハンガーにかけて一晩くらい放っておきます。
そうしてやると、衣類が吸収した湿気がとびますので、それから収納するのが良いでしょう。

また、クローゼットやタンスは定期的に空気の入れ替えをしましょう。
こうすることで湿気のこもった空気をとばすことができます。

これは、除湿剤を入れておいても、行った方がいいです。
引き出しやクローゼットの扉を閉め切らないよう、常に少し開けておくのも効果的です。

また、天気のいい日に、開けっ放しにしておくのも効果的です。

湿気が特に気になる梅雨の季節には、時々開けて扇風機で風を送って人工的に風をつくり、空気を入れ替えるようにするといいですね。