bed-186347_1920

布団の湿気対策

bed-186347_1920

このような経験はありませんか?

フローリングの上に布団を敷いて寝て、朝起きると、敷き布団やマットレスに黒くカビが生えていた。

現代人は、仕事に追われ、忙しい人が多いと思います。朝の時間は貴重な時間です。

「毎朝、布団を上げるなんて面倒くさい!」と思われる方もいると思いますが、万年床では、カビが生えてしまっても仕方ありません。

布団、マットレスにカビが生えるならまだいいほうです。
もっと、放っておくと、畳、床のほうにもカビが生えてしまいますよ。

そうならない為にも、湿気対策をしっかりしましょう。
ちょっとした事で変わってきますので、面倒くさがらず、頑張りましょう。

まず、布団の敷きっぱなしは、どうしても、湿気がこもるものです。

畳なら、まだ湿気の逃げ道もありますが、フローリングにお布団を直に敷いている場合は、湿気の逃げ道がなくなってしまい、特にカビが生えやすい状況を作り出してしまうのです。

朝、お布団を少しでも上げていると、寝ている間に吸った湿気はかなり逃がせます。

それでも、布団を毎朝、上げるのは面倒くさいという方には、テレビの通販番組などでよく目にする「布団を敷いたまま折りたためるベッド」などはいかがでしょう。手軽に湿気対策ができます。

あとは、週に一回くらいの布団干しも効果的です。

やはり、お日様に布団をあてると、ダニ等の防虫にもなりますし、湿気臭い臭いもなくなり、湿気も飛び、ふかふかのお布団で安眠できます。

それが難しいなら、布団乾燥機をご利用になるのもいいですね。