bathtub-890227_1920

浴室の湿気とカビ対策

bathtub-890227_1920

一年中、湿気の多い場所と言えば、お風呂場ですね。湿気が多いということは、カビも生えやすいということです。

ちょっと気を抜くと、すぐに黒いカビが生えてしまいます。

また、そのままにしておくと、カビ臭い臭いも気になるものです。

お風呂場のカビ対策や湿気対策予防はどのようにしていますか?

お風呂を低温にする、浴室をよく乾燥させる、カビにとっての栄養源を絶つ。これが、カビの発生しやすい状況を絶つ為の基本です。

これをふまえた上で、以下のような事を実践すると、カビが生えにくいお風呂環境をつくることができますよ。

・洗い場や壁には、意外とシャンプーやボディーソープが飛びちっています。これが、カビの栄養源になってしまいますので、お風呂の残り湯を利用して、そのような飛び散りを流しましょう。

・浴室内の温度を低温にする為、また、カビにとっての栄養源を流してしまう為、壁や床にシャワーで水をまくのも効果的です。

・お風呂に窓がある場合は窓を開けて換気、換気扇がある場合はつけて、浴室を乾燥させましょう。

・カビにとっての栄養源であるシャンプーの飛び散り等、垢、水分をしっかり拭きとりましょう。

最後のシャンプーの飛び散り等、垢、水分をしっかり拭きとりまで、しっかりやれば、カビが生える事も少なくなりますから、あとのお掃除が楽になります。

カビが生えてしまったあとに掃除をするか、カビが生える前にお風呂に入った後、予防のひと手間をかけるか、どちらが楽なのでしょう。

カビは、生えてしまったあとでは、カビの根も深くなかなか頑固で、カビキラーのような洗剤を使ってみても、除去に時間がかかります。