18478284868_5a640b253d_k

トイレのリフォームと温水洗浄便座

18478284868_5a640b253d_k

トイレはリフォームでも一番に修繕したい部分のひとつです。ですのでもうすでに温水洗浄便座を使っているご家庭がほとんどのことでしょう。

しかしアパートや賃貸マンションなどでは、普通の便座がいまだに多く、利用者が自分で温水洗浄便座設置をしなければならないケースがほとんどです。

最近建設された物件なら、きっと温水洗浄便座になっているでしょう。 トイレのリフォームの際に普通便座を温水洗浄便座に変更することが多いようです。

ただ、リフォームをするまでもなく、いまはホームセンターなどでも販売されていますから、温水洗浄便座だけを自分で交換することができます。

トイレに使用する温水洗浄便座の交換する時の注意事項を紹介しましょう。

まずは、現在のお住まいのトイレの便器の形や寸法を確認します。 そのためには便器に貼ってあるラベルから品番を確認しましょう。

便器のフタをはぐったところや、または裏側にラベルが貼ってあります。その品番をしらべましょう。

品番がわかればメーカーのホームページから正確な寸法を確認することができます。 その次に、便器の周囲の空きスペースを測ります。

便座のふたを開ける時のスペース、操作ボタンのスペースなどが必要です。 空きスペースがないと設置できないケースがあるのです。

便器の品番がわかれば、利用できる温水洗浄便座の型式が決まります。 温水洗浄便座はいくつかのメーカーがありますから、自分の好みで選べばいいでしょう。

温水洗浄便座に変えたからといって、基本的な機能は変わりません。 ただ、形やボタン操作が少し違いますから、説明書をよく読むことでしょう。

温水洗浄便座の取り付けは簡単です。 便座の後部にボルトがありますから、それを緩めると外れる構造になっているのです。

女性は無理かも知れませんが、男性なら簡単に交換できるでしょう。 トイレを温水洗浄便座に交換するだけで、トイレが快適になることは間違いありません。

ただし、ご自身で交換するときには、水栓の元栓を必ず締めることをわすれないでくださいね。

トイレのリフォームま素人でもできることをご紹介しましたが、あとあとの水漏れなどを考えると、本来であれば専門化に依頼するのが妥当です。

迷ったら、お気軽にご相談くださいね。