新潟での寒さ対策について

太陽

最近ではここ新潟でも高機密高断熱の住宅がふえていますので、うちには関係ないとおっしゃる方も多いかもしれません。

 

しかし北国もふくめここ新潟などの寒冷地ではまだまだ暖房にかかる費用はバカになりません。

 

古い家屋では衣類を着込んで暖房費用を節約したり、サッシが二重でないと厚手のカーテンをつけてみたり、様々な暖房器を組み合わせて使用している例もたくさんです。

 

とくに農家などの広い家は広い分暖房費がかかります。

 

では、どうしたら寒い冷たい新潟の冬を快適に過ごせるのでしょうか。

 

共働きだと昼間の誰もいない時間帯にカーテンを締め切りにしていませんか?

 

雨戸のあるご家庭は朝は雨戸を開けて出掛けていますか?

 

昼間はカーテンを開けて、雨戸も開けて室内に太陽の光を取り入れましょう。

 

暖房器を上手に使うことはもっともですが、こうして昼間の太陽光をうまく取り入れて室内を暖かく保つことは重要です。

 

南側や西側に長い庇があるとこういった太陽光が妨げられます。
窓が大きいと寒いのでは?と思いがちですが、太陽の恵みはお金のかからない暖房です。

 

もし、この先リフォームをお考えであれば開口部を大きくとり、この太陽光を毎日ふんだんに取り入れてみてください。

 

そして夜はカーテンよりも二重構造になっているロールスクリーンなどで暖かい空気を逃さないようにするのがオススメです。

 

でければ換気口も熱交換換気ができるものがいいでしょう。

 

太陽光を上手に取り入れて暖房器と合わせて使用することで光熱費の節約になります。

 

むしろ防犯対策としてもカーテンを閉めていると泥棒が入ってもわかりませんから。

 

朝起きたらまずは窓を開けて新鮮な空気を入れたらカーテンを開けて出掛けましょう。

 

自然の恵みである太陽光は身体にも心にも、そしてお財布にも優しいです。