アパートに空室がある場合の財産評価について

セーフティネット

賃貸アパートの空室状況がこの時期、気にかかる大家さんは多いのではないでしょうか?

 

とくに学生専門のアパートですと4年生が卒業を迎えるこの時期に空室になり、3月末には新しい入居が決定するという状況かとおもいます。

 

このような状況の中、たまたま空室が多い時が課税時期となっていますが、この賃貸アパートとその敷地はどのように評価すればよいでしょう。

 

課税時期において、アパートの一部に借家人がいることから、貸家及び貸家建付地として評価します。

 

貸家建付地は、宅地の態様の一つで、「貸家の目的とされている宅地」のことであり、所有する土地に建築した家屋を他に貸し付けている場合のその土地のことをいう。具体的には、所有する土地に建築した家屋(貸アパート、貸マンション、貸家など)を他に貸し付けている場合の土地を意味します。

 

借家権の目的となっている家屋は貸家として、その貸家の敷地の用に供されている宅地は貸家建付地として評価することとなり、それらの価額は、上記の算式により評価します。

 

貸家及び貸家建付地の価額は、それぞれの算式により評価します。この場合において賃貸割合は原則として課税時期において実際に賃貸されている部分の床面積に基づいて算定しますが、一時的に空室となっている部分の床面積を実際に賃貸されている部分の床面積に加えて算定して差し支えありません。

 

「継続的に賃貸されてきたもので、課税時期において、一時的に賃貸されていなかったと認められる」部分の範囲については以下のように解釈します。

 

アパート等の一部に空室がある場合の一時的な空室部分が、「継続的に賃貸されてきたもので、課税時期において、一時的に賃貸されていなかったと認められる」部分に該当するかどうかについては。

 

その部分が、

 

1各独立部分が課税時期前に継続的に賃貸されてきたものかどうか。

 
2賃借人の退去後速やかに新たな賃借人の募集が行われたかどうか。

 
3空室の期間、他の用途に供されていないかどうか。

 
4空室の期間が課税時期の前後の例えば1ケ月程度であるなど一時的な期間であったかどうか。

 
5課税時期後の賃貸が一時的なものではないかどうかなどの事実関係から総合的に判断します。

 

ご自身で申告をされている方はこの点に注意して計算してみてはいかがでしょうか。

ペットと暮らすことで気づくこと

ペットと暮らすようになって気がついたこと。

 

ペットと共に生活することで私たち人間が気をつけてあげなくてはならないことはなんでしょう。

 

我が家の場合は4歳半の犬のコーギーです。

 

2014-10-26 19.58.05

暑くて泣いたりしない、寒くて怒ったりしない、痛くてもがまんする。

 

モノを言わない小さな命ですから。

 

季節によっても注意してあげる内容が違います。

 

夏は暑さに注意してあげないとですし、ワックスをかけた床は滑って骨折しやすいです。

 

冬場はとくに気温の調節が難しい季節です。

 

人間にとっては快適な温度でもペットにとっては暑すぎたりします。

 

赤ちゃんのうちは暖かい毛布を用意して、ペット用の湯たんぽも入れてあげたりして、今思えば「親バカ」ならぬ「犬バカ」してました。

 

サーモスイッチ機能のついた電気の暖房器具や、温度調整や人感式のエアコンなどでいろいろためしました。

 

それもペットのためだけに。

 

しかし電気代が無駄にかかったり、ペットは快適だけれど人間には寒かったり。どれもしっくりとはこず。

 

吹き出し口から暖かい空気の出るファンヒーターも使っていました。

 

湿度の高い新潟では本来ならば灯油のストーブはオススメできませんが。

 

が、しかし。

 

お湯を沸かせたり、鍋や煮物もほっとくだけでできるので、いまのところ電気ストーブなどとあわせて使っています。

 

なんで?と思うかもしれません。

 

事務所で図面を書いたり、PCで資料作成をすることの多い職業ですので、ペット(犬)は事務所で一日中いっしょにいます。

 

観察してみてわかりました。

 

人間用の温度でも大丈夫なのです。

 

暑くなったら自分で冷たい床を探して移動しますし、自分のベッドで寝ていても場所を移動して少したつと戻ってきます。

 

乾燥してのどが渇けば勝手に水を飲みにいきます。

 

ようは、そうゆう逃げ場というのか環境さえ整えてあげれば自由にペット自身が自分で暑いところ、寒いところを探すのです。

 

愛犬家の方や、愛猫家のかたにはお怒りを買いそうですが。

 

ペットと共に暮らすということは一緒に暮らす人間も快適で気持よくないと長く一緒にいられません。

 

床が滑るのなら、滑らないワックスや滑りにくい床材もあります。

 

壁もキズがつきにくい材質のものもあります。

 

一緒にいると、一緒に生活すると決めたその日から。
最初に少しだけ環境を整えてあげればいいのです。

 

ほっとかない。ちゃんと様子を見守る。仕事だからと、ペットだからとひとりぼっちにしない。

 

そこを守れれば、部屋の気温や湿度などは動物本能が感じて自分で居場所をえらぶのだと思います。

 

短い命を引き受けた「その日」から。

 

長くいっしょにいて欲しいと願うのであれば、毎日ちゃんと見てあげて、変化を見逃さなければいいわけで。

 

信頼する飼い主さんにはきっとペットのほうから
「キョウハチョウシガワルイ」サインをだしてくるでしょう。

 

その「サイン」を見落とさないことですね。

 

そうそう、事務所にはオカヤドカリもいるのです(笑)

2014-09-02 18.39.34

きょうもコーギーのももは仕事している私の傍らで大いびきで爆睡しています。

ペット

リフォームしてお得に!

2013-08-01 11.18.05

平成26年12月19日現在での予算残額は約5,100万円

(第2回受付 予算2億300万円のうち・・・。)

なんの数字かわかりますか?

 

「新潟市 健幸住まいリフォーム支援事業」の今年度の予算額です。

 

受付が始まったのが8月1日ですから、かれこれ4ヶ月で1億5千万以上の工事の助成金が支払われたということです。

 

ちょっと大きい数字なのでピントこないかもしれませんね。

 

住まいのリフォームについて、1件あたりの助成金額は20万~30万ですので新潟市のこの助成金の制度だけでも500件以上の申込があったということです。

 

実際に助成金が支払われた報告での発表ですので、工事が完了して、実績報告書が提出されて、まだ支払いが終わっていない物件については発表されていません。

 

年内に駆け込みで報告書を提出する方もいらっしゃるということです。

 

残高が5,100万円ということは、春までには間に合うか、間に合わないかというギリギリな予想です。

 

健幸すまいリフォーム支援事業には基本工事とプラス工事が認められていますので、なかなかリフォームに踏み切れない方にも便利な事業だと思います。

 

相続税も上がりますからねえ。親の資産を当てにしてのリフォームや新築購入は考えようです。

 

手続きなどの面倒なことは業者がやってくれますから相談だけでもお気軽にされてみてはいかがでしょう。

 

リフォームして綺麗になって、結果、助成金30万がもらえるのであれば利用する価値おおありの制度です。