普通のトイレと節水トイレの違い

節水トイレ

最近のトイレの特長として節水タイプが増えてきたことが上げられます。

 

 

節水タイプと通常のトイレはどのように違うのでしょうか。

 

 

これからリフォームを考えている場合、節水トイレにすべきなのでしょうか。

 

 

これまでのトイレとは1990年代に販売されていたトイレのことですが、1回の洗浄で13.20リットルの水を使用していました。

 

 

しかし、現代の節水トイレはわずか4リットルの水で済ませられるのです。

 

 

4人家族で計算すると年間でお風呂250杯分に相当する量の節水ができることになります。

 

 

もちろん、家族構成が変わればもっと差が付くことになるでしょう。

 

 

それでは4リットルの水だけで洗浄はできるのでしょうか。
洗浄の方法が変わったのです。

 

 

少ない水でどうすればきれいに洗浄できるかをメーカーが研究した結果が、その数字に表れています。

 

 

水を少なくして洗浄できなければ意味がありません。

 

 

洗浄する時に水が渦を作るようにします。
便器の構造を渦ができるようにするのです。

 

 

そうすると少ない水で洗浄力を高めることが可能になります。
すべてのメーカーが同じような仕組みを作っています。

 

 

リフォームをする時に便器のメーカーをどこにするか迷ってしまうかもしれません。

 

 

しかし、節水タイプのトイレならどこのメーカーも同レベルの性能があります。

 

 

後はデザインやその他の部分で差を付けているのです。

 

 

トイレ掃除が簡単になるような工夫もされています。

 

 

パナソニックの場合は掃除そのものをしなくて済むようになりました。

 

 

節水型のトイレに交換することで補助金や助成金の対象になります。。
トイレのリフォームをお考えの方は業者さんに相談されてみてくださいね。

お風呂リフォームの計画について

スクリーンショット 2015-04-29 10.57.15

仕事を終えて帰ったときには熱いお風呂にはいらないと
疲れの取れない今日このごろです。

 

 

リフォームの目玉のひとつといえば水廻りを新しくすること。

 

 

奥様はキッチン、ご主人はお風呂・・・というのが定番でしょうか?

 

 

そのお風呂なのですが。

 

 

最近はほとんど「ユニットバス」というのが普通ですね。
在来のお風呂はどこにいったの?って感じです。

 

 

昔のタイルのお風呂もそれはそれで好きですけど。

 

 

もしお風呂をリフォームするとしたら。

ユニットバスを選ぶときのポイントは色ですか?

 

 

それともオプションですか?

アクセントパネル・磁石でくっつく石鹸箱・タオル掛け・・・

 

 

最初はこざっぱりしている標準のユニットバスでは物足りず

あれやこれやとオプションをつけてしまいがちです。

 

 

一年もしたら見飽きてどんなの貼ってたかなあなんてことになりませんか?

 

 

色や素材にこだわることは確かに必要かもしれませんが
大事なのは大きさや使い勝手だと思います。

 

 

家族数(高齢者がいらっしゃるならなおのこと)お風呂に入る時間帯。

 

 

手すりの位置や窓の高さなど。

 

 

我が家のお風呂場に設置するのですからショールームにあったときとは全く
変わってみえるはず。

 

 

小さい子供にあわせるのか?
おじいちゃん・おばあちゃんが先にはいるのか?

 

 

ご主人が疲れて帰ってきたときのよりどころにするのか?

 

 

なにが自分の家に合っているのか?

 

 

専門家の意見を聞きながら流行やファッション性にまどわされず
飽きないお風呂計画をたてていただきたいと思います。

 

 

補助金や助成金の対象になる場合もありますから。
あわてて計画しないことですね。

水回りリフォームの現状

スクリーンショット 2015-04-28 11.17.10

水回りにおいては、家庭生活を送る上で必要不可欠な存在となっていますね。
使用頻度も家のなかではもっとも多いので、劣化が一番激しい場所となっています。

 

 

定期的に水回りリフォームをを行う事が重要となってきて、水回りリフォームを行う事で衛生的に使用する事が可能となっています。

 

 

水回りリフォームを行う工事は、最近のリフォームおいては増加傾向にあり、自身の水回りに適した工事を選択する事が重要となってきています。

 

 

費用に関しても、水回りの状況により異なりますので注意が必要となり、事前に見積りをとることで、費用面において安心する事が必要となっています。

 

 

費用が多額になる場合においては、リフォームローンを組むのが一般的で、通常のローンに比べて金利が安く、長期間借りられるなどの様々なメリットがありますので、最近は利用者が多くなっています。

 

 

リフォームローンの審査に関しては、条件が緩いのでほとんどの人が容易に審査を通過する事ができます。

 

 

水回りリフォームの種類に関しては多種多様に存在しているので、リフォームをする際においては、十分に考える必要があり、後で後悔のないようにしたいですね。

 

 

技術の発達により、水回りリフォームを行うと、様々な加工が施されるので汚れが付きにくくなったりもします。

 

 

そのため、掃除をする頻度がすくなくなるので、経済的にも楽になります。

 

 

水回りリフォーム後においては、メーカーなどからのアフターサービスも充実しているので、気兼ねなく使用する事が出来ます。

 

 

水回りリフォームの検討を考える場合は補助金などの対象になるかどうかも相談されるとよいでしょう。

リフォームとキッチンのスタイル

スクリーンショット 2015-04-27 10.28.47

キッチンをリフォームする際に、どんなスタイルのキッチンにするかを決めなければいけません。

 

 

キッチンのスタイルは他の空間とのつながり方によって、オープンキッチンとクローズドキッチンに分けられます。

 

 

オープンキッチンとはキッチンからダイニングなど他の部屋との間に仕切りがなく、空間がつながっているスタイルです。

 

 

さらにI型キッチン、対面式キッチン、アイランドキッチンに分けられます。

 

 

クローズドキッチンとはキッチンを部屋として独立させたスタイルです。
ダイニングやリビングからはキッチンが見えません。

 

 

最近ではセミオープンキッチンと言われるスタイルも増えています。

 

 

これは調理台やシンク前の一部分の壁が開けられていてダイニングとつながっているスタイルです。

 

 

一部分はオープンになっていても、一応壁でダイニングと仕切られているため、独立性も兼ね備えています。

 

 

マンションなどの集合住宅に多く取り入れられています。

 

 

またキッチンの形によってI型、L型、U型、アイランド型などに分けられることもあります。

 

 

キッチンの形によって動線が大きく変わります。

 

 

自分の行動パターンを考えて、一番効率のよい形を選ぶことが大切です。

 

 

最近のリフォームでは家族とコミュニケーションをとりながらお料理できるオープンキッチン、その中でもアイランド型の人気高いようです。

 

 

キッチンのスタイルにはそれぞれメリット、デメリットがあります。

 

 

家族構成や生活スタイルを考えて、どんなキッチンが適しているか、優先させたいことは何かを明確にすると、キッチンのスタイルも自然に決まってくるでしょう。

自宅をリフォームしてトリミングのお店に改装中 その六

新潟市西蒲区のT様邸でリフォームの工事中~!!

 

今回はご自宅の1階を改装してワンちゃん・ネコちゃんたちのトリミングのできるお店をご計画中です。

 

 

外壁の張替え工事を行うので、足場を設置する作業です。

トラックで足場の材料が到着しました!!

 

足場トラック

 

今回の外壁は道路に面している1面だけの張替えです。

それでも足場はしっかりと建てなくては作業中の事故につながります。

 

足場の材料は大小さまざまなものがありますね。

足場材料

 

今回の枠組み足場は、本足場、棚足場として、現在最も多く使われている足場として知られています。

 
組み立てと解体に比較的手間がかからない、軽量、また、部材の強度も高く、安全性の点でも非常に優れているからです。

 

枠組み足場を校正するのは、

 

脚注ジョイント、ジャッキ型ベース金具、床付き布枠、交さ筋かい、建枠など橋梁工事や建築工事用の足場として、非常に多く使われています。

 

1階〜2階までの足場を端から順番に組み立てていきます。

 

足場開始

 

建物にたいして前面道路が傾斜しているので「水平器」を使って

1本建てるごとに水平をとりながらの作業です。

 

足場水平器

 

足場の作業主任者は若いですが、この道10年以上のベテランです。

作業の手早いこと。

 

足場1人

 

慣れているとはいえ、差し込む場所や位置を間違えると大変危険です。

 

 

声を出して作業の指示をしながら手も休めません。

 

足場二人

 

1階ができあがりました。

 

足場入り口

作業床もしっかり嵌め込みます。

足場1階

 

2時間ほどで2階まで完成しました。

 

このあと、外壁を張替えたらまたこの足場を解体しないとです。

 

足場完成

次は、外壁張替えの作業です。お天気がいい日が続くので作業も予定通りにいきそうです。

最新のバスルーム事情(浴室用テレビ)

スクリーンショット 2015-04-25 12.08.03

温泉やサウナなどへ入浴しに行くと、浴室の中にテレビが設置してあるところがありますね。

 

 

なんとなく見入っていると意外に面白くて、のぼせてしまったりということもあるかもしれませんが、自宅でお風呂に入るとき、バスルームにテレビがあれば良いのに、と思ったことはありませんか。

 

 

男性でしたら、プロ野球中継やサッカーなどスポーツの試合が気になるでしょうし、女性でしたら毎週欠かさず見ているお気に入りのドラマが気になりますよね。

 

 

それらが放送されている時間にはわざわざ録画予約をしてまでバスルームに向かいますか。

 

 

多くのかたは、入浴時間のほうをずらすのではないでしょうか。

 

 

観たいものであればあるほど、放送時間になったらすぐに観たいですからね。
ですが、家族が多いとなかなかそうもいきません。

 

 

それぞれに入浴したい時間があるからですね。
そして、それぞれに観たい番組もあるかもしれません。

 

 

そのような場合、バスルームにテレビが付いていたらどんなに良いでしょう。

 

 

慌てることなくゆっくりお湯に浸かったり、身体を洗いながらテレビを見たりすることができます。

 

 

現在では自宅のバスルームでもそれが可能となっています。

 

 

リフォームする際に、テレビを付けたいというかたは意外と多いのです。

 

 

最近はテレビ離れもよく耳にしますが、まったく観なくなったというわけでもないでしょう。

 

 

入浴タイム中にテレビを観ることは時間の節約にもなります。

 

 

真剣に観ていなくとも、ニュース番組などを流しておくだけでも最新のニュースがわかりますので、あとから時間をとってニュースを観る必要もありません。

 

 

入浴を嫌がるお子様も、好きなアニメを観ながら30分程度は入ってくれるようになるでしょう。

 

 

バスルームにテレビを設置するのは予想外にメリットが大きいのです。
リフォーム時には、ぜひご検討ください。

自宅をリフォームしてトリミングのお店に改装中 その五

新潟市西蒲区のT様邸でリフォームの工事中~!!

 

今回はご自宅の1階を改装してワンちゃん・ネコちゃんたちのトリミングのできるお店をご計画中です。

 

ドッグバスを設置するので水がはねてもいいように

キッチンパネルを貼る作業です。

 

準備開始〜

パネル施工前

 

キッチンパネルを貼り付ける場所の寸法に合わせてカットしていきます。

 

パネル切断

 

寸法とおりにカットしたら

裏面にボンドをつける作業です。

 

パネルボンドつけ

 

さあ緊張の瞬間!!

キッチンパネルを貼り付けます。

 

パネル立てかけ

 

キッチンパネルは重さもあります。

それにかなり滑る素材なので、このような「吸盤」を使います。

 

吸盤

 

次は、パネルとパネルの間に「マスキングテープ」を貼ります。

 

このマスキングテープというのは、塗装したり、コーキングしたりするときに接着剤などがはみでても他の部分に着かないために使用するのにとっても便利です。

 

マスキングテープ

 

隙間をコーキングします。

コーキングは隙間を埋めるためのものです。

 

素材に合わせた様々な色がホームセンターで売っています。

 

コーキング

 

乾いたらマスキングテープを剥がして終了です。

 

マスキングテープは貼って剥がしても跡がのこらないので

いろんな場所に使えますね。

 

完成

 

きれいに仕上がりました。

もも部長もちゃんと監督してました(^^)

 

完成2

 

ご自身で作業をする場合はキッチンパネルの移動などで壁紙や柱を傷つけないように、広い作業場所で行うと失敗がないです。

トイレのリフォームとマンション

2013-08-01 11.16.11

賃貸マンションの場合、トイレのリフォームをすることはできませんが、便座を温水洗浄便座に交換することはできます。

 

 

普通の便座を取り外して新たに購入した温水洗浄便座に替えればいいのです。

 

 

もちろん、出ていく時にはリフォームした便座を元に戻しておきます。

 

 

温水洗浄便座は次のマンションでまた使用すればいいでしょう。
温水洗浄便座の交換は自分でできます。

 

 

ただ、トイレ内にコンセントがないと、電気工事が必要となりますから、少し面倒になるでしょう。

 

 

ほとんどのマンションではコンセントを設置していると考えられますから、あまり心配しなくてもいいでしょう。

 

 

温水洗浄便座を購入する前に、トイレの便器の形や周りの空きスペースを確認しておきます。

 

 

狭いトイレの場合は、取り付けられない場合もあるからです。

 

 

マンションの造りによって、トイレ空間はかなり違います。
賃貸のアパートでも同じことです。

 

 

トイレは家の中で重要な空間ですが、施工業者がどこまで考えているかわかりません。

 

 

単に便器を置くスペースがあればいいと考えている場合は、窮屈な空間になっているのです。

 

 

マンションを選ぶ時にトイレをまず見ると言う人もいます。
それだけ重要視しているからです。

 

 

台所は使用しなくても、トイレを使用しない人はいません。
毎日の日課です。

 

 

家が快適かどうかはトイレで決まるのでしょう。
あなたは温水洗浄便座がいいですか。

 

 

これから便座を選ぶのであれば、最新式の便座にすべきです。
毎日を快適に過ごすことが大切なのです。

 

 

インターネットで便座の種類を確認しましょう。
トイレをリフォームすることで快適なマンションライフにしたいものですね。

最新のバスルームは掃除がらくらく

スクリーンショット 2015-04-21 15.28.54

昔ながらのユニットバスは、壁も床も天井もバスタブもすべてが画一的に決まっていたものがほとんどでしたが、だんだんと、それらひとつひとつを選べるようになってきました。

 

 

それでユニットバスから、システムバスと呼ぶことが増えてまいりました。

 

 

この選べる壁や床、天井、バスタブなどについてお話してみたいと思います。

 

 

最新のバスルームにリフォームするかたの多くは、とにかく掃除がしやすくてカビが生えにくい壁、床、天井を望んでいます。

 

 

一度でもお風呂掃除をしたことがあるかたでしたら、身を持ってこの切実な思いがわかることでしょう。

 

 

そのため、システムバスのメーカーも工夫に工夫を重ねて、いかに掃除をラクにするかということに力を注いでいます。

 

 

その結果、バスルームをリフォームするかたにダントツの人気が出たのが、「排水性の高い床」です。 排水性が高いということは、バスルームを使用したあと、すぐに乾いてくれるということですから、カビも嫌なぬめりも発生しにくいということでもあります。

 

 

床がいつまでも濡れていますと細菌が繁殖したり、カビが発生したりしますから、乾燥しやすい床はそれだけでも掃除の手間が格段に省けるというものです。

 

 

そして、床を排水性の高いものに替えるのであれば、当然ながらそれと一緒に掃除がしやすい排水溝も選ぶことでしょう。

 

 

排水溝の掃除は本当に大変ですよね。

 

 

毎日、入浴するたびに掃除をしていれば、それほど大変なことでもないのですが、数日放っておくと汚れが取れにくくなってしまいますからね。

 

 

バスタブそのものの掃除はそれほど大変ではありませんが、それでも時間がないかたにとっては大変と感じることもあるでしょう。

 

 

とにかく忙しいかたのために、浴槽自動洗浄システムなどもあります。

 

 

せっかくリフォームするのですから、その後は出来るだけ綺麗なバスルームを持続させたいもの。 掃除がラクなバスルームにしたいですね。

自宅をリフォームしてトリミングのお店に改装中 その四

新潟市西蒲区のT様邸でリフォームの工事中~!!

 

今回はご自宅の1階を改装してワンちゃん・ネコちゃんたちのトリミングのできるお店をご計画中です。

 

前回に引き続き床をはがして

クッションフロアーの貼替え工事です。

 

既存のクッションフロアーは壁のクロスと一緒にはがしました。

 

床貼り前

 

床用のクッションフロアーです。省略してCFともいいます。

 

最初はこのようにロール状です。

 

ホームセンターなどでも同じように販売されています。

床見本

 

貼り替える床の上で梱包を解いていきます。

 

床ロール

 

クッションフロアーを広げてあわせます。

 

床あわせ

 

クッションフロアー専用の接着剤です。

 

床ボンド見本

 

接着剤を床の上にのばしていきます。

 

最近の接着剤はツンとする匂いもあまりせず、乾きも早いのです。

 

床ボンド

 

コーナーは丁寧に。

 

床カッター

 

専用のカッターで、余った部分を切り落として仕上げます。

 

床仕上げ

 

壁紙や床の貼替えは職人さんに勝るものはないのはありませんが。仕上がりにこだわらないのであればご自身でもできます。

 

床のクッションフロアーの貼替えは貼り替える床の寸法さえ間違わなければDIYも可能ですね。

 

きちんと測ってホームセンターで多少余分に購入して、余ったらトイレに使うなどがいいでしょう。

 

その場合の注意点としては。

 

玄関の框や既存の廊下との段差ができないようにすることです。

専門用語では「チリ」といいます。

専門家に依頼するときも、ご自身で行う場合も注意です!!