最近のクーラーの比較について

最近のクーラーは省エネがコンセプトです。

 

 

これはどこのメーカーでも共通しています。

 

 

クーラーの電気代を抑えながら、快適な空間を作り出すことにメーカーの技術がかかっているのです。

 

 

それぞれを細かく比較してみると、その違いがわかります。

 

 

ただ、数字だけの単純比較はできませんから悩ましいところでしょう。

 

 

つまり、メーカーによって実現している性能が異なるのです。

 

 

単純に温度を何度にする時の電気代と言うことは現実の動作とかけ離れているのです。

 

 

基本的な考え方は電気代を少なくして、体感温度を下げることです。

 

 

メーカー毎の動作原理を比較することが重要になるのです。

 

 

もちろん、カタログを読むとどのメーカーも自社のクーラーが優れていると表現しています。

 

 

言葉通りに読めば、比較は難しいでしょう。

 

 

そこで、インターネットの口コミサイトが役に立ちます。

 

 

実際に購入した人の感想が書かれているからです。

 

 

ただ、どれも個人的な感想ですから、本当の性能ではない可能性もあります。

 

 

実際に使用してどう感じたかと言うことです。

 

 

クーラーは最近の技術ではありませんから、長年の技術の積み重ねによって作り上げられました。

 

 

しかし、その時々の流行によって、コンセプトが変わっていることは明らかです。

 

 

省エネを前面に押し出しているのは最近のことなのです。

 

 

このように考えると、これからクーラーを購入する場合には、1年前の製品よりも最新の製品を購入した方がいいかもしれません。

 

 

もちろん、来年にはもっと別のスペックのクーラーが登場することでしょう。

介護のしやすさを考える

介護を仕事でやっているわけではなく、家族の介護をやむなくしている人は多いはずです。

 

 

昔のように介護は家族がするものだと言う固定観念がなくなったと言っても、家族に介護のしわ寄せが来ることは避けられません。

 

 

苦労して介護をするよりも、気持ちよく楽に介護をすることを考えましょう。

 

 

そのためには介護しやすい部屋にすることが大切です。

 

 

どのようにすれば介護しやすいかを考えてみましょう。

 

 

当然、住宅改修も視野に入れて。

 

 

介護しやすい部屋とはあなたが介護を積極的にするのではなく、要介護者が自力でできることを増やすことです。

 

 

例えば、車いすで家中を移動できるなら、手が正常な人にとって、移動だけのためにあなたを呼ぶことはありません。

 

 

自分で移動できるからです。

 

 

トイレや洗面も同じことです。

 

 

自分でトイレまで行く意思があっても、足が弱っていると介護が必要となります。

 

 

トイレまで手すりを付けたり、寝室からトイレまでの移動距離を短くすることが介護しやすい部屋と言えます。

 

 

一つの部屋だけではありません。

 

 

家全体の住宅改修を考えてみましょう。

 

 

費用のことは後回しにして、どのようなことをすれば介護しやすい部屋かを考えることは大切です。

 

 

将来においては老老介護になる可能性のある家庭は元気なうちに対策を打つべきでしょう。

 

 

足腰が弱る原因として、自分の筋肉を使わないことが上げられます。

 

 

できるだけ自分でやることがボケ防止にもつながることでしょう。

 

 

残念ながら、介護施設などでは、そのようなポジティブな考えに立っている人は少ないでしょう。

リノベーションの計画について

傷んだ住まいの原状回復をするのがリフォーム、前よりさらにいいプラスの状態にするのがリノベーションといった具合に使い分けられることもありますが、基本的にはあまり違いを意識せずに使われることが多いです。

 

 

リフォームするにも、リノベーションするにも大切なのは、信頼できる会社に依頼すること、自分の予算、目的、価値観にあった会社を選ぶことが成功のポイントとなります。

 

 

リノベーションをする場合の一連の流れについて説明します。

 

 

リフォームでも、リノベーションでも最初に自分がどうしたいのかイメージをつくる必要があります。

 

 

そこで活用したいのがホームページやブログなどです。

 

 

リノベーション会社がこれらの情報を発信していますから、積極的に閲覧することをおすすめします。

 

 

どういったイメージにしたいのが自分の思いが固まりやすくなりますし、どこの会社に頼むのがいいのか会社選びにも役立つからです。

 

 

リノベーションを依頼する会社が決まったら、その会社が行っている無料見積や問い合わせをします。

それらの問い合わせフォームがなければ電話相談やメールでも大丈夫です。

 

 

持家の場合、現況確認やヒアリング、資金計画、スケジュールなどについて説明してもらうことができます。

 

 

この時点でフィーリングが合えば、その会社に依頼することになります。

 

 

続いて、持家でないときには物件探しが始まります。

 

 

物件探しから設計、施工まですべて行うワンストップ型のリノベーション会社にした場合には、リノベーションの費用などについて考慮しながら物件探しをしてもらうことができます。

 

 

立地、価格、様々な条件に合う物件が見つかったら、物件調査をして希望するリノベーションが行えそうか、コスト面で予算内に収まりそうかチェックして条件に合えば依頼することになります。

トイレの仕組みを知っておこう

毎日使用しているトイレですが、その仕組みを知っているでしょうか。

 

 

レバーを回すだけで、水が流れ出し、汚物をきれいに洗い流してくれます。

 

 

一定量の水が流れた後は、水が漏れないように止まってくれます。

 

 

故障すると、水が止まらなくなったり、水が出なくなったりします。

 

 

自分で修理することもできるのですが、簡単ではありませんから、専門業者に依頼すべきでしょう。

 

 

ただ、トイレが水浸しになってしまわないように、どこを回せば水が泊まるかくらいは知っておきましょう。

 

 

トイレには止水栓と呼ばれるネジがあります。

 

 

ドライバーなどで回すタイプが多いのですが、それでトイレの便器に水が供給されなくなるのです。

 

 

トイレの調子が悪くなって、床が水浸しになったり、頻繁に水が漏れたりするのであれば、いっそのことリフォームして、新しいトイレに変えることも悪くありません。

 

 

もちろん、そのためにはトイレ代と工事費が必要です。

 

 

リフォームのための見積もりを取ってみましょう。

 

 

どうせなら最新式の便器にすると、きれいになってうれしくなります。

 

 

トイレがきれいだと、毎日が楽しくなってきませんか。

 

 

トイレの仕組みをすべて知っておく必要はありません。

 

 

通常のトイレはタンクが付いていますが、最新のトイレはタンクがありません。

 

 

どこに行ったのでしょうか。

 

 

それともタンクを必要としないのでしょうか。

 

 

また、トイレの便器の底にはいつも水が溜まっています。

 

 

これが異常だと勘違いする人もいます。

 

 

配管からの臭いを水で遮断しているのです。

 

 

トイレと一口に言っても知らないことがたくさんですね。

最新のバスルーム事情(ジャグジー)

温泉施設にいきますと、実にさまざまな浴槽がありますよね。

 

 

薬草風呂であったり、床部分から大量の泡がでてくるタイプであったり、横からジェット噴流で空気が出てきたり、たくさんの浴槽が用意されていて、どれに入ってみようかと楽しく迷うことができます。

 

 

あなたは、あれらの中でどのタイプの浴槽が好きですか。

 

 

空いていれば真っ先に入ってみるのはどのタイプでしょう。

 

 

薬草風呂などは入浴剤を入れればご家庭でもすぐに出来ますが、泡が出てくるタイプやジェット噴流は、それ相応のバスタブでなくては出来ません。

 

 

ですが、現在ではご家庭用のバスタブでもそのようなものが販売されていますので、リフォームの際にそのようなバスタブを選ぶだけで自分の家のバスルームがジャグジーに早変わりというわけです。

 

 

今までは温泉にでも行かなければ入れなかったジャグジーが家でいつでも好きなときに楽しめるなんて、とても幸せなことではないですか。

 

 

外が寒い時期は身体が凝り固まっていますし、デスクワークが長くて肩や背中が凝っていることもあるでしょう。

 

 

そのような時に、自宅のバスルームで温かいお湯につかり、凝ったところにジェット噴流を当てて寛いでいる自分自身を想像してみてください。

 

 

そして、お湯から出た時の爽快感。

 

 

ジャグジータイプのバスタブにリフォームして良かったと心から思える瞬間です。

 

 

一昔前までは、自宅にジャグジーなどお金持ちにしか可能ではなかったのですが、現在では一般家庭でも手の届く金額になっていますし、実際に自宅をジャグジーにリフォームするかたは年々増えています。

 

 

あなたもいかがですか。

キッチンのリフォームと省エネ

エコの時代、せっかくキッチンをリフォームするなら、省エネにも配慮したいものです。

 

 

家の中で最も使用する時間が長く、エネルギーを多く消費するキッチンは、工夫次第で大きな省エネ効果が期待できる空間です。

 

 

キッチンの設備選びは使い勝手や手入れのしやすさで選びますが、それに加えて短時間で調理ができることも大切です。

 

 

そこで人気を集めているものはIHクッキングヒーターです。

 

 

IHクッキングヒーターは電力によって鍋そのものを発熱させる加熱機器です。

 

 

ガスコンロより効率的に加熱ができるため調理時間が短縮でき、周りの空気を温めないため余計な冷房を使わずに済みます。

 

 

またタイマー付きや自動調理機能がついたものもあり、機能的にも優れています。

 

 

一般家庭で多く使用されているガスコンロでも、最新のものは3口ついているものがあり、グリルとフル活用することで効率のよく調理ができます。

 

 

リフォームの際に食器洗い乾燥機を取り付ける家庭も増えています。

 

 

電気代はかかりますが、手洗いの場合と比べると少ない水の量で洗浄できるため省エネだと言えます。

 

 

また家中のお湯をつくる給湯設備もキッチンの省エネのポイントです。

 

 

現在はガス式と電気式が主流ですが、最近は太陽熱や自家発電を利用した設備も増えています。

 

 

省エネ効果が高いものでは国の補助金が得られるものもあります。

 

 

他にも熱のこもりやすいキッチンの風通しや採光を工夫して冷暖房に頼らない間取りにすることや、キッチンの照明を省エネタイプに替えることも省エネになります。

トイレリフォームの注意点

17115588842_3c35b3b78f_z

トイレのリフォームで注意しなければならないことを説明しましょう。

 

 

まず、どのようなトイレにしたいかと言うことです。

 

 

和式トイレを洋式にするパターンが一番多いかもしれません。

 

 

しかし、最近のトイレはすでに洋式の方が多いはずです。

 

 

ただ、洋式の場合でも温水洗浄や脱臭機能が付いているかわかりません。

 

 

リフォームを考えている場合は、最新のトイレに交換しましょう。

 

 

中途半端なリフォームは後で後悔します。

 

 

少しリフォーム費用がかかっても、これから家族が利用することを考えてください。

 

 

実は温水洗浄便座の価格は決して高くありません。

 

 

思っている以上に安く済みます。

 

 

まずは見積もりをしましょう。

 

 

賃貸住宅の場合は、大家さんに言えばリフォームをしてくれる場合もあります。

 

 

住居者の方から申告しないと大家さんは何もしません。

 

 

これから自分の家のトイレをリフォームしようと考えているなら、まずは10年後を考えてみましょう。

 

 

トイレは高齢者にとって非常に重要です。

 

 

極論をすれば、若い人たちのことはあまり考えなくていいのです。

 

 

若い人は最終的には他所に行ってトイレを済ませればいいでしょう。
しかし高齢者はそうはいきません。 自宅から動くことができません。

 

 

毎日のトイレが気持ちよくできるかどうかは、長生きできることと密接に関係しています。
そのことに気づいてください。

 

 

だからこそ、現代のトイレはリフォームが重要になっているのです。

 

 

どこのメーカーに相談しても同じことを言われるでしょう。

リビングにはおしゃれなインテリアグッズを

リビングにおしゃれ心を取り入れるには、インテリア小物がいいですね。

 

 

いくつか紹介しましょう。

 

 

夏になると虫よけが必要となりますが、蚊取り線香を立てるためのグッズはどうでしょうか。

 

 

ブタの形はオーソドックスですが、馬の形もあります。

 

 

背中の部分に蚊取り線香を差し込むのです。

 

 

可愛いグッズですね。

 

 

それから、壁に貼り付けるタイプのウォールデコレーションです。

 

 

蝶々や鳥を壁に貼り付けることで、リビングのアクセントとなります。

 

 

どこの部屋でもカーテンは付き物です。

 

 

カーテンホルダーにこだわってみませんか。

 

 

女性ならではの気配りと言えますね。

 

 

価格は2千円程度ですから、試しに購入してみてはどうでしょう。

 

 

テレビ台などにオーナメントもいいですね。

 

 

動物をかたどったオーナメントで子どもが喜ぶかもしれません。

 

 

リビングは家族が寛ぐ空間ですが親しいお客を招く場所でもあります。

 

 

周りの人が落ち着けるような色彩のグッズを探してみましょう。

 

 

部屋の模様替えはてっとり早く、ウォールシールを張り付けましょう。

 

 

全面を使うのではなく、一部分でもアクセントとして有効ですよ。

 

 

壁に小物グッズを置くための棚を設けるのも面白いですね。

 

 

ちょっとした飾りやおもちゃを配置しましょう。

 

 

大物グッズとしては観葉植物ですね。

 

 

こまめに水をやっておけば、それほど手間はかかりません。

 

 

リビングのインテリアだけで部屋の雰囲気が決まるわけではありません。

 

 

小物グッズも重要な役割を果たしているのですね。

ペット可の賃貸物件を探すには

経験されている方が多いかと思いますが、ペット可の賃貸物件を探すことは簡単なことではありませんね。

 

 

ペットを飼うことができる賃貸物件がないわけではありません。

 

 

ただ普通に部屋探しをするより少し困難かもしれないということです。

 

 

賃貸住宅をみてみると、ペットを飼えるものはあまり多くはないのです。

 

 

賃貸物件の95%はペットの飼育を認めていないという実情があります。

 

 

それは貸主側が防衛のために敬遠しているからです。

 

 

やはりペット絡みで入居者同士のトラブルが起こりやすくなってしまいますし、退去後も普通の入居者より部屋をクリーニングするのに費用がかかってしまうからです。

 

 

実際にペット可にしている賃貸物件を見ると、1つはもともとペットと一緒に住むことを考えて建てられた賃貸物件。
もう1つは古くなったとか立地が悪いなど人気のない賃貸物件。

 

 

あと1つは一戸建ての賃貸物件となっています。

 

 

飼うことのできるペットにも条件をつけているところが多く、一般的に猫と犬だけに限定しているところが多いようです。

 

 

しかし少しずつですが1つ目のペットを飼うことを前提とした賃貸物件が増えてきて状況は改善されてきています。

 

 

こうした賃貸物件を探すのにてっとり早くできる方法は、インターネットを利用して賃貸物件の検索サイトで条件の欄に「ペット可」として検索をかけることです。

 

 

ただし、ペット可になっている賃貸物件の数があまり多くないことから、希望条件通りのものが見つかる可能性は低いです。

 

 

ですからエリアや家賃などの希望条件をゆるくしてみる必要があると思います。

 

 

供給数よりも需要数の方が圧倒的に多いペット可の賃貸物件では、一般的な部屋よりも一割から二割程度家賃が高くなっているのが当たり前だからです。

 

 

敷金などについても通常ならば家賃の一ヶ月分くらいですが、ペットがいると原状回復の条件が厳しくなって、別途壁紙を張り替えることを契約の際に約束させられることもあるようです。

 

 

弊社の場合、知り合いの不動産業者に声をかけてペット可物件があったら紹介してもらったりしています。

 

 

ペットとともに暮らしていて賃貸をお探しの場合は普段からインターネットなどで目星をつけて、できれば大家さんy不動産屋と仲良くなることがオススメです。

 

 

裏ワザですが、こうすることで入居してからのトラブルが少なく、多少のことには目をつぶってもらえます。

自宅をリフォームしてトリミングのお店に改装中 最終日

新潟市西蒲区のT様邸でリフォームの工事中~!!

今回はご自宅の1階を改装してワンちゃん・ネコちゃんたちのトリミングのできるお店をご計画中です。

 

今日はその最終日。

 

いままでの古い外壁をはがして新しい外壁と張替えます。

 

外壁を剥がすときには配管やクーラーの室外機、換気扇のフードなどは撤去してからおこないます。

 

外壁はがし

 

古い外壁を剥がし終わった状態です。

 

はがし終了

 

新しい外壁材を張り始めます。

 

今回はKMEWというメーカーの色はボワブラウンです。
ワンちゃん・ネコちゃんのお店にはぴったりの落ち着いた色ですね。

 

外壁はかなり重いので二人がかりです。

 

張り始め

 

外壁をすべて張り終わりました。

 

全体

 

玄関まわりなどの細かい部分は外壁材を寸法にあわせて切って張るので材料は余分にみておかないとです。

つぎにマスキングテープを貼って、外壁の継ぎ目にコーキングの準備にはいります。

 

玄関まわり

 

足場の上は狭いですが、大工さんがコーキングしています。

 

コーキング

 

コーキングの作業終了〜。

 

あとは足場を外して、今回の工事はおわりです。

 

全体2

 

工事期間が長いと天候によっては外壁工事は日程が変更になることがけっこうあります。

 

 

今回は終日、お天気の良い日に恵まれて、予定とおりに工事が進みました。

 

最終1

 

これであとはお店の看板が付けば「トリミングのお店」っぽくなりますね(^^)

 

最終2

オープンしたらお知らせしますので、ぜひ遊びにきてくださいね〜!!