リフォームとキッチンの食洗機

家電が生活の中に揃っているこのごろです。
しかし今、主婦が欲しがっている生活家電といえば食洗機ではないでしょうか。

 

 

食洗機は現代の三種の神器と言われていましたが、近年の食洗機の普及率はまだ30%弱と言われています。

 

 

値段も高価でスペースもとるため、単独で購入するより、キッチンのリフォームの際に取りつけるケースが多いようです。

 

 

食洗機にはビルトインタイプと卓上型タイプがあり、最近のシステムキッチンのほとんどはビルトインタイプの食洗機がついています。

 

 

ある調査で、「期待ほど活用できていない生活家電」の1位に食洗機があげられていました。

 

 

実際に購入してみると、期待はずれの面や不便な面があるようです。

 

 

食洗機は高温で洗浄、乾燥をし、ほとんどの雑菌は死滅するため、除菌効果があると言われています。

 

 

また手洗いよりも使用する水の量が少なくてすむのもうれしいメリットです。

 

 

正しくセットすれば手洗いでは落とせない細部の汚れまで落とす洗浄力もあります。

 

 

お料理は好きでもその後の後片付けは苦手という人は、毎食後の食器洗いが無くなれば、その分の時間を家族との団らんや他の家事にあてることができ、何より気持ちのゆとりができます。

 

 

しかし食洗機にセットする前の下洗いが面倒であるとか、洗浄に時間がかかると言った声も少なくありません。

 

 

節水効果はありますが電気の使用量は増えます。また少人数の食事の片づけでは手洗いの方が効率のよい場合もあります。

 

 

食洗機については色々な声がありますが、せっかくキッチンのリフォームですから、便利な食洗機を取り付けて、毎日の生活に活用したいものです。

最新のバスルーム事情(使いやすい水栓)

蛇口

バスルームをリフォームしようと思ったときに、意外と盲点なのが水やお湯のでる蛇口周りです。

 

 

盲点ではありながらも、ホテルに宿泊したり、よそのお宅へ宿泊したときなどには、自分の家のバスルームもこんな水栓だったら良いのに、と思ったことはありませんか。

 

 

レバー式であったり、プッシュ式であったり、蛇口周りで温度調節ができたりなど、現在ではとても安全で便利なものが作られています。

 

 

もちろん昔ながらの、ひねる水栓もありますが、それにしても最新のものは非常にシンプルかつ、お洒落に作られています。

 

 

たかが水栓ではあるのですが、髪の毛を洗っているときや、石鹸で手が滑りやすくなっているときなどは、ただ単に軽く押すだけで適温のお湯がでてくるタイプなどは、非常にありがたいですよね。

 

 

一昔前にはありがちだったお湯と水の両方の蛇口をひねって、出てくるお湯の温度調節をし、それをシャワーに変換するという一連の流れは、髪の毛を洗う際中には非常にストレスがかかったものです。

 

 

温度調節がうまくゆかずに、冷たすぎたり、熱すぎたりということもたまにありましたね。

 

 

現在でも、そのような水栓をお使いのかたはまだ大勢いらっしゃると思うのですが、既にそのようなわずらわしさから解放されるタイプの水栓が販売されています。

 

 

小さなお子様や力のない高齢者のかたでも、軽くタッチするだけで適温が出てくる蛇口や、いきなりシャワーを出したときに熱いお湯を被らないですむような配慮、掃除がしやすい形状等々、最新の蛇口周りはストレスがありません。

 

 

リフォームというと、面積が広い壁や床やバスタブにばかり気持ちが行ってしまうのも仕方のないことではありますが、蛇口周りを疎かにいたしますと、あとで後悔することになるかもしれません。

トイレの情報を取り入れてみましょう

スクリーンショット 2015-02-03 10.23.20

リフォームは今住んでいる家に不都合があるからやるものです。

 

 

トイレのリフォームも同じです。
具体的になぜ困っているのかを明確にしましょう。

 

 

リフォームの程度によって、必要なお金は変わってきます。

 

 

トイレは家族全員が利用します。
各人の意見を聞いてみましょう。

 

 

あなたの考えだけでリフォームを決めてしまわないことが大切です。

 

 

リフォームは施工会社によって出来栄えが違ってきます。

 

 

最新式の便器や温水便座を取り付けたいのでしょうか。

 

 

床や壁は傷んでいませんか。

 

 

年月が経つと湿気によって床がはがれてしまいます。

 

 

湿気を避けることはできませんから、数十年経ったらトイレのリフォームは必要と考えておきましょう。

 

 

高齢になって、トイレの利用がままならなくなった時にスムーズに対応できるようにしておきたいものです。

 

 

最近のトイレの情報はインターネットで調べることができます。

 

 

メーカーのホームページにも掲載されていますし、施工業者の情報もあります。

 

 

工事費込みの金額が提示されています。

 

 

自宅のトイレの形やスペースなどをきちんと確認しておきましょう。

 

 

便器や温水洗浄便座を選んでも取り付けられないという事態にならないように気を付けてください。

 

 

節水便器が注目されています。

 

 

少ない水できれいに洗い流してくれるタイプの便座です。

 

 

汚れにくいように特殊なコーティングを施したタイプもあります。

 

 

温水洗浄便座は安い商品で2万円台です。

 

 

どのような機能が必要なのか確認してくださいね

キッチンのリフォームとレイアウト

キッチンのリフォームではオープンかクローズドかという基本スタイルを決めて、その後レイアウトを決めることになります。

 

 

キッチンのレイアウトには一般的に6つのパターンがありますが、最も多く選ばれているのはI型とL型です。

 

 

I型はシンクとコンロ、冷蔵庫が一列に配置されたシンプルなキッチンです。

 

 

昔ながらのレイアウトで、全て横移動になり、動線は長くなりますが、スペースをとらないため狭いキッチンに向いています。

 

 

L型は動線に無駄が少なく、効率的にお料理ができるのがメリットです。

 

 

コーナーがデッドスペースにならないように、収納などを工夫することが必要です。

 

 

無駄の少ない動線を重視するなら、II型やU型のキッチンもお勧めです。

 

 

II型はキッチン台を2列平行に配置したもので、2列間の間隔を広めにとれば、家族と一緒にお料理を楽しむことができます。

 

 

U型はキッチン台をコの字型に配置したもので、お料理のスペースが広く取れることから人気があります。

 

 

特にクローズドキッチンに好まれているレイアウトです。

 

 

アイランド型はキッチンの一部が島のように独立しているレイアウトです。

 

 

多人数でお料理をするのには最適で、最近のリフォームでは最も人気があります。

 

 

せっかくのリフォームなら個性的なキッチンを作りたいという人にはペニンシュラ型がお勧めです。

 

 

これは壁から長いキッチンを突き出したように配置したキッチンです。

 

 

ダイニングと対面するため、家族とのコミュニケーションが取りやすいというメリットがあります。

最新のバスルームは掃除がラクちん

昔ながらのユニットバスは、壁も床も天井もバスタブもすべてが画一的に決まっていたものがほとんどでしたが、だんだんと、それらひとつひとつを選べるようになってきました。

 

 

それでユニットバスから、システムバスと呼ぶことが増えてきましたね。

 

 

取り付ける設備については後ほどご紹介するとして、今回はこの選べる壁や床、天井、バスタブなどについてお話してみたいと思います。

 

 

最新のバスルームにリフォームするかたの多くは、とにかく掃除がしやすくてカビが生えにくい壁、床、天井を望んでいます。

 

 

一度でもお風呂掃除をしたことがあるかたでしたら、身を持ってこの切実な思いがわかることでしょう。

 

 

そのため、システムバスのメーカーも工夫に工夫を重ねて、いかに掃除をラクにするかということに力を注いでいます。

 

 

その結果、バスルームをリフォームするかたにダントツの人気が出たのが、「排水性の高い床」です。

 

 

排水性が高いということは、バスルームを使用したあと、すぐに乾いてくれるということですから、カビも嫌なぬめりも発生しにくいということでもあります。

 

 

床がいつまでも濡れていますと細菌が繁殖したり、カビが発生したりしますから、乾燥しやすい床はそれだけでも掃除の手間が格段に省けるというものです。

 

 

そして、床を排水性の高いものに替えるのであれば、当然ながらそれと一緒に掃除がしやすい排水溝も選ぶことでしょう。

 

 

排水溝の掃除は本当に大変ですよね。

 

 

毎日、入浴するたびに掃除をしていれば、それほど大変なことでもないのですが、数日放っておくと汚れが取れにくくなってしまいますからね。

 

 

バスタブそのものの掃除はそれほど大変ではありませんが、それでも時間がないかたにとっては大変と感じることもあるでしょう。

 

 

とにかく忙しいかたのために、浴槽自動洗浄システムなどもあります。

 

 

せっかくリフォームするのですから、その後は出来るだけ綺麗なバスルームを持続させたいもの。
掃除がラクなバスルームにしたいですね。

こんな人におすすめ 

今流行りのリノベーション、こんな人におすすめです。

 

 

・立地にこだわる人。
・デザインにこだわる人。
・自分で考えたこだわりの家に住みたい人。
・ロハスな人。
・無理をせず今を楽しく生きたい人。

 

 

家族が増えて、今住んでいる家が手狭になってきたので、新しい家に住み替えたいと考える人、何かのきっかけで一軒家に住みたいと考える人は多いと思います。

 

 

しかし、子供のことを考えると今通っている学校の学区内がいいとか、両親の近くがいいとか、意外に場所が限定されてしまうものです。

 

 

気にいった地域は既に多くの家が建っていて、空いている土地がないとか、新築物件がないという理由であきらめる人も多いでしょう。

 

 

そんなとき、中古物件も検討範囲にいれればかなり物件選びの幅が広がると思います。 住みたい地域で中古物件を探してリノベーションすれば、思い通りの家にすることができます。

 

 

現在暮らしている家にそれなりの広さがあれば、リフォームするのもいいと思います。

 

 

自分なりの住まいのこだわりがあり、スタイリッシュな家に住みたいと思う人にもリノベーションがおすすめです。

 

 

ジャグジー付の露天風呂、ガラス張りの浴室、壁一面の収納、採光のいい天窓をつける、リビングは吹き抜け、大きなカウンターテーブルをつけるなどオリジナリティある家を作り上げることができます。

 

 

自分で作り上げるのが好きな人の場合、究極、壁の塗り替え、模様替え、エントランスなど自分で好きなように塗ってしまうこともできます。

 

 

マンションでは、思うように内装を変えることはできませんが、自分の持家になればそれができます。

 

 

中古品、古着などが好きな人、昔ながらのいいものを再利用しようと考えるロハスな人にもおすすめです。

 

 

古くて味のあるものを再利用して、限りある資源を大切にするリノベーションは大変意義のあるものです。

 

 

古い建物を活かしながら新たな形に変えていく楽しさがあります。

 

 

リフォームでも同じことです。

 

 

一般的に社会に供給されている戸建分譲住宅ではなく、自分の好む理想の家、自分の生き方に合う家に住みたい人。

 

 

無理して新築の高級住宅に住むのではなく、無理することなく自然に今を楽しく暮らしていきたいと言う人にもおすすめです。

トイレのリフォームの悩み

トイレは家の中でも重要なスペースです。

 

 

長年使用しているうちに、部屋全体が傷んできます。

 

 

トレイの悩みとして多いのは、便器の黄ばみ、黒ずみなどの汚れ、床が湿気によってぶかぶかになってしまうことなどです。

 

 

それから、ずっと和式トイレだったけれど、高齢になってきて洋式トイレが欲しいと思う人もいます。

 

 

最近のトイレは節水トイレが注目されていますが、そのためだけにリフォームする人はいません。

 

 

リフォームする悩みがあって、その時に節水トイレが選択肢となると言うことでしょう。

 

 

トイレは水を使いますから、どうしても他の部屋に比べると汚れてきます。

 

 

汚れることを前提として、掃除しやすい便器や便座などを選ぶことが大切です。

 

 

便器は陶器でできていますが、特殊なコーティングをすることによって汚れが付きにくく、掃除もしやすくなったタイプが販売されています。

 

 

トイレのリフォームは何度もするわけではありませんから、どうせリフォームするなら、最新の設備に交換してはどうでしょうか。

 

 

快適なトイレ空間は生活を快適にしてくれます。

 

 

これまでトイレの悩みがあったならば、それをすべて解消するようにしましょう。

 

 

メーカー毎にトイレの形は違います。 それぞれが工夫しているのです。

 

 

トイレリフォームをする時は施工業者に見積もりを取りましょう。

 

 

どこまでやり直さなければならないかは、傷みの状況によって異なります。

 

 

一番簡単なのは暖房便座だけを取り付けることです。 これなら業者に依頼しなくても、自分でできるでしょう。

リフォームとクローズドキッチン

キッチンのスタイルの一つにクローズドキッチンがあります。

 

 

クローズドキッチンとはキッチンとリビング、ダイニングなどが仕切られているスタイルです。

 

 

少し前までマンションのキッチンはほとんどクローズドキッチンが採用されていました。

 

 

近年のキッチンのリフォームではオープンキッチンを選ぶ家庭が圧倒的に多いのですが、あえてクローズドキッチンを選ぶという人もまだまだ少なくありません。

 

 

それではクローズドキッチンの魅力は何でしょうか。

 

 

クローズドキッチンの大きなメリットとして、散らかりやすいキッチン周りが他の部屋から見えないということがあげられます。

 

 

急な来客の時でもクローズドキッチンなら慌てて片付ける必要はありません。

 

 

実際に来客の多い家庭のリフォームでクローズドキッチンは好まれているようです。

 

 

そして調理中の匂いや汚れ、音などが他の部屋へ流れないということも魅力的です。

 

 

揚げ物の油の蒸気は意外と広範囲に流れていきます。

 

 

こういった汚れがキッチンの中だけで済むため、掃除や手入れはオープンキッチンより楽だと言えます。

 

 

クローズドキッチンでは正面や背面スペースを全て収納スペースにすることができるため、収納力を重視する人にも適しています。

 

 

キッチン空間が独立しているため、お料理に集中することができますが、反対に他の部屋の様子が分かりにくいことや、調理中や後片付けの時に家族とコミュニケーションがとりにくく、孤立感があるということがデメリットとしてあげられるでしょう。

リフォームとオープンキッチン

キッチンをオープンキッチンへリフォームする家庭が増えています。

 

 

オープンキッチンはキッチンとダイニング、リビングの空間が仕切られていないキッチンのことです。

 

 

オープンキッチンを選ぶ理由は様々ですが、「家族の様子をみながら料理をしたい」「家族や仲間と一緒にお料理がしたい」というものが多いようです。

 

 

オープンキッチンはさらに大きく3種類に分けることができます。

 

 

壁に沿ってキッチンが配置されたI型キッチン、対面式のカウンターが配置される対面式キッチン、そして島のように配置されたアイランドキッチンです。

 

 

オープンキッチンはリビングやダイニングにいる家族とコミュニケーションをとりながら料理や片付けができるのが最大のメリットです。

 

 

小さい子供がいる家庭では子供に気を配りながら家事ができるため安心です。

 

 

また解放感があり、部屋が広く感じられることも魅力です。

 

 

反対に散らかりやすいキッチン周りがリビング、ダイニングから丸見えになってしまうというデメリットがあります。

 

 

調理中の匂いや音もリビングまで流れてしまうでしょう。

 

 

こういったデメリットを克服するためには、調理中の匂いを部屋中に充満させないよう、コンロの位置、換気扇の大きさや性能を工夫することも効果的です。

 

 

また収納を工夫して、丸見えのキッチンに目隠しする方法もあります。

 

 

リビングダイニングからの目線を考えて、あらゆる収納や設備、レイアウトを考えることがオープンキッチンのリフォームで重要なポイントです。

最新のバスルーム事情(多目的ルーム)

スクリーンショット 2015-04-29 23.57.38

最近になってバスルームのリフォームをなんとなく考え始めたあなたの家は、もう数十年来のバスルームでしょうか。

 

 

住宅やインテリアの進化も目覚ましいものがあり、最近のバスルームは本当に素晴らしいです。

 

 

最近のバスルームをご覧になったことがありますか。

 

 

もちろん、人によって好みはさまざまですから、バスルームは清潔であればそれで良い、と言うかたもいらっしゃいますし、主婦のかたでしたら、とにかく掃除がラクならそれで良いと言うかたも多そうですね。

 

 

我々日本人は本当にお風呂好きな民族で、近年、お風呂の用途は身体を洗うだけにとどまらず、健康促進や美容促進、リラクゼーションにまで及んでいます。

 

 

それらの目的が果たせるような構造にもなってきていますし、目的に合ったような設備を取り入れることも可能となっています。

 

 

一昔前には想像もつかなかったような機能がバスルームに装備されるようになりましたので、もはや単なるバスルームの域を超えたものもたくさん出てきました。

 

 

バスルームなどのショールームが行動範囲にあるのでしたら、是非とも一度足を運んでいただきたいと思います。

 

 

リフォームをお考えのあなたも、まだ考えていないあなたも、最新のバスルームをご覧になれば、すぐにでもリフォームしたくなること間違いなしです。

 

 

バスルームは、朝に入れば目覚めを良くしてくれる場所でもあり、夜に入れば一日の疲れを汚れとともに洗い流してくれる場所でもあります。

 

 

他のお部屋のリフォームよりもまず最初にバスルームをリフォームすることで、心身ともにリフレッシュされ、心から良かったと思われることでしょう。

 

 

まだ、一昔前の身体を洗うだけのバスルームを使用しているあなたに、最新のバスルーム事情を今後はご紹介していきますね。

 

 

バスルームを改装することで補助金や助成金の対象になる制度があります。

 
これからご検討される方は業者さんにご相談されてみてくださいね。