管理人 のすべての投稿

布団の湿気対策

bed-186347_1920

このような経験はありませんか?

フローリングの上に布団を敷いて寝て、朝起きると、敷き布団やマットレスに黒くカビが生えていた。

現代人は、仕事に追われ、忙しい人が多いと思います。朝の時間は貴重な時間です。

「毎朝、布団を上げるなんて面倒くさい!」と思われる方もいると思いますが、万年床では、カビが生えてしまっても仕方ありません。

布団、マットレスにカビが生えるならまだいいほうです。
もっと、放っておくと、畳、床のほうにもカビが生えてしまいますよ。

そうならない為にも、湿気対策をしっかりしましょう。
ちょっとした事で変わってきますので、面倒くさがらず、頑張りましょう。

まず、布団の敷きっぱなしは、どうしても、湿気がこもるものです。

畳なら、まだ湿気の逃げ道もありますが、フローリングにお布団を直に敷いている場合は、湿気の逃げ道がなくなってしまい、特にカビが生えやすい状況を作り出してしまうのです。

朝、お布団を少しでも上げていると、寝ている間に吸った湿気はかなり逃がせます。

それでも、布団を毎朝、上げるのは面倒くさいという方には、テレビの通販番組などでよく目にする「布団を敷いたまま折りたためるベッド」などはいかがでしょう。手軽に湿気対策ができます。

あとは、週に一回くらいの布団干しも効果的です。

やはり、お日様に布団をあてると、ダニ等の防虫にもなりますし、湿気臭い臭いもなくなり、湿気も飛び、ふかふかのお布団で安眠できます。

それが難しいなら、布団乾燥機をご利用になるのもいいですね。

除湿剤の効果的な置き場所とは?

closet-426386_1280

湿気の対策に、除湿剤、乾燥剤を使っている人は多いと思いますが、その効果に満足しているという方がどれくらいいるのでしょう。

また、除湿剤を置く場所にこだわって置いているという人は、どのくらいいる事でしょう。

知らない人も多いかもしれませんが、このようなものは置く場所も大切で、それによって効果も違ってきます。

より効果的に湿気対策を行う為に、置く場所にもこだわりましょう。

それには、湿気の性質を知る事が第一です。正しい湿気の性質を理解し、効果的に湿気対策を行いましょう。

湿気は、水分なので、空気よりも重く、床に近い下の方に溜まりやすい傾向があります。

ですから、重点的に湿気対策を行う場所は、床に近い下のほうです。

除湿剤、乾燥剤は、下に置くのが鉄則です。
ちなみに、臭いも下のほうに溜まる性質がありますので、消臭剤も下に置いた方が効果的です。

こうすることで、下の方におりてきた湿気、臭いをしっかりとキャッチしてくれます。

また、防虫剤は、上のほうに置いたほうが効果的です。

防虫剤の成分というものも、空気より重く、下へと降りていく性質がありますが、防虫剤を上のほうに置いておけば、薬の効果が下に落ちて行き、薬の効果が全体に行き渡るからです。

このように、除湿剤、消臭剤、防虫剤によって、それぞれ、最も効果的な置き場所も違ってきます。

ただ、置いておけばいいのでなく、それぞれの効果や性質を理解しておくことで、その効果を最大限に引き出すことができるのですね。

上のようなポイントをしっかり理解して、湿気、臭い、虫の対策に役立てましょう。

衣類の湿気対策

closet-912694_1920

大切な衣類、バッグ、靴。
いつまでも長くいい状態で使いたいものですね。

このような身の回りのものの湿気対策に、どのような事をされていますか?

除湿剤を置くのは基本ですが、除湿剤をしっかり置いていたのに、湿気によってカビができてしまった、嫌な臭いがうつってしまったという人はいませんか?

除湿剤を置く以外にも、湿気対策はいろいろあります。ここで、日常生活で簡単にできる湿気対策を紹介します。

脱いだばかりの服を、汚れていないからと、すぐにクローゼットやタンスに入れるのは厳禁です。

汚れていないように見えても、脱いだばかりの服というものは、意外と湿気や臭いが付いているものなのです。

それをそのままクローゼット、箪笥に戻すと、他の衣類にも湿気、臭いをうつしてしまうことになりかねません。

脱いだばかりの服は、ハンガーにかけて一晩くらい放っておきます。
そうしてやると、衣類が吸収した湿気がとびますので、それから収納するのが良いでしょう。

また、クローゼットやタンスは定期的に空気の入れ替えをしましょう。
こうすることで湿気のこもった空気をとばすことができます。

これは、除湿剤を入れておいても、行った方がいいです。
引き出しやクローゼットの扉を閉め切らないよう、常に少し開けておくのも効果的です。

また、天気のいい日に、開けっ放しにしておくのも効果的です。

湿気が特に気になる梅雨の季節には、時々開けて扇風機で風を送って人工的に風をつくり、空気を入れ替えるようにするといいですね。

たんすの湿気対策

doors-14542_640

昔は、嫁入り道具に箪笥を持ってくる人が多かったです。

今は、衣服の収納にクローゼットを使っているご家庭が増えてきていますが、たんすを使っている人もまだまだ多いと思います。

そんな箪笥の湿気対策は、どのようにしていますか?

大事な衣服を湿気、カビ、嫌な臭いからしっかり守る為にも、湿気対策は万全に行っておきたいものです。

ここでは、より効果的な箪笥の湿気対策を紹介しますので、参考にしてみて下さい。

湿気には、溜まりやすい場所というものがあります。
湿気は、水分なので空気よりも重く、床に近い下の方に溜まりやすい傾向があります。

タンスで言えば、上の段ほど、湿気が溜まりにくく、下の段ほど湿気が溜まりやすいということになります。

箪笥の引き出しに除湿シートを敷いているという人は多いと思います。下の段は特にしっかり除湿シートを敷いて、更に新聞紙を敷くのも効果的です。

また、湿気が停滞しないように、引き出しは、空間に余裕のある収納を心がけましょう。

詰め込みすぎは禁止です。こうすることで、空気の抜け道ができ、湿気のこもった空気が停滞する事を防止します。

衣替えの時に注意して欲しいのが、衣類の繊維の種類と収納する場所です。

湿気は下に溜まりますので、引き出しなら下の段には、湿気に強い化繊や綿、麻製品の収納がむいています。

また、引き出しの上には、湿気、虫に弱いシルクやウール、カシミヤなどの収納がむいています。

このようなちょっとした工夫で、臭いやカビ、防虫の面で効果に違いがでてきます。

クローゼットの湿気対策

dresses-53319_1280

クローゼットの湿気対策ですが、どのように湿気対策していますか?

市販の除湿剤を置く、時々クローゼットの扉をあけっぱなしにして、空気を入れ替える。いろいろな湿気対策がありますし、いろいろな湿気対策グッズも販売されています。

ここでは、より効果的なクローゼットの湿気対策を紹介しますので、参考にしてみて下さい。

まず、理解しておいてほしいのは、湿気は水分です。

空気よりも重くクローゼットの床に近い下のほうに溜まる性質があります。
この性質を理解し、床に近い下のほうを重点的に湿気対策をしていくのが効果的です。

この湿気の性質からも、除湿剤を置く場所で、最も効果的なのは、一番下である床に置くことです。

しかし、空間の有効活用で、クローゼットの服をかけた下の空いたスペースにも、もったいないと収納ボックスなどを置いている人は多いです。

あんまりギュウギュウに収納してしまうと、クローゼット内の空気が停滞してしまいます。

先程も述べたように、床に湿気が溜まりやすいので、ある程度のスペースをとって収納することをおすすめします。

また、衣類の種類によって、水分の含み方も違ってきます。

綿やウールといった天然素材のものは、本来からある程度の水分を含んでいるので、湿気に弱く、カビやすい傾向にあります。

ですから、特にギュウギュウに詰め込むのは厳禁です。

湿気が溜まりやすくなり、カビや嫌な臭いが発生しやすい状況を作ってしまう事になりますから、それは避けて、ゆとりのある収納を心がけて下さい。

そのような衣服の近くには、クローゼットのバーにかけて使う除湿剤をつるしておくと良いでしょう。

家にあるものでかんたん除湿

cosmetics-106982_1920

身の回りのものを手作りするという人が増えてきています。
コスメ、化粧水、クリーム、シャンプーにリンス。

手作りの良さは、なんと言っても、安全、安心して使えるという点です。

市販のものより、効果はゆるやかではありますが、安心して使えるものがいいという方、体に、肌に優しいものがいいという方にはおすすめです。

特に、小さなお子さんのいらっしゃるご家庭に、おすすめです。

作っているのは自分ですから、自分に合わないものは入れなくてもいいですし、反対に自分に合っているもの、お気に入りのものは、ふんだんに配合することができます。

自分のためだけのオリジナルをつくることができる点は、うれしいですね。

気になる湿気対策、臭い対策に、今まで買ってくるものと思い込んでいた芳香剤や除湿剤にいたっても、自分で手作りすることができます。

しかも、重層や、新聞紙、備長炭などといったどこのお家にも余っているようなものでできます。

これらは、除湿効果があり、湿気対策に効果的。手作りの除湿剤をつくるには、いい素材なのです。

新聞紙は、箪笥の引き出し、押し入れに敷き詰めるのが効果的です。

備長炭は、籠に入れて、クローゼットの奥に置いておくと良いでしょう。

その際、大事な洋服やバッグに炭で汚れてしまわないように、薄手の布をかけておくとよいでしょう。

重層で、除湿剤を手作りしたい方は、最後の仕上げに、重層に自分のお気に入りのエッセンシャルオイルを数滴たらしておくと、ほのかないい香りにクローゼットがつつまれ、除湿剤兼、芳香剤になります。

ひとつの使い道で終わらず、これにも使える、あれにも使えるといろいろな用途を見つけて、新たなものを作り出すのは、おもしろいです。

お子さんと一緒に作ってみるのも、お子さんの想像力を育て、エコの教育にいいと思います。

重層で除湿剤を手作り

soap-864951_1920

重層は、なんにでも、どんな場所にも使える主婦の味方です。

頑固な油汚れにも重層を使えば、簡単に汚れを落とすことができます。お掃除で使う以外にも、このような使い方もあります。

重曹には、除湿、消臭の効果も期待できるので、湿気の気になる所にまいておくか、置いておくと湿気対策に効果的です。

これで、除湿剤を作る事も可能です。

湿気対策に効果的な除湿剤というと、ドラッグストアやスーパーで買ってくるという方がほとんどだと思います。
自分で手作りする事もできるのです。

市販の除湿剤を参考に、手作り除湿剤をつくってみましょう。ポイントは、空気に触れる面を多くする事。

いちごや、しいたけが入っている容器をとっておいて、それに重層を入れれば、底が広い為、重層が空気に触れる面を多くする事ができます。

また、重層は、粉ですので、こぼれないように、布でふたをし、ゴムでしっかりと留めましょう。これで、手作りエコな除湿剤の出来上がりです。

また、重層をキッチンペーパーで包み、リボンなどで縛ってやると、おしゃれな除湿剤になります。

その際、重層にお気に入りのエッセンシャルオイルを数滴たらすと、ほのかにいい香りがして芳香剤にもなります。

市販もされているユーカリオイルは消臭作用がありますし、ラベンダーは防虫作用もあります。

効果は3カ月から半年です。その後もしっかり、お掃除に使えます。

この手作りの除湿剤の最もいいところは、安全だという点です。
小さなお子様がいらっしゃるご家庭には特におすすめです。

浄水器の訪問販売に注意

bottle-956180_1920

今やどこの家庭でも浄水器をつけるのが当たり前のようになっています。

昔と比較すると値段もだいぶ安くなっており、導入へのハードルもだいぶ低くなったのも、その理由のひとつでしょう。

浄水器を購入する際に注意して欲しいのが、訪問販売です。
震災後、浄水器の訪問販売がかなり増えたと言われています。

放射能を除去するなどと言って、実際には何の効果もない浄水器を売りつける悪徳業者も少なくありません。

浄水器を購入する場合、訪問販売で買うメリットはほぼありません。

最近ではどこの浄水器メーカーもネットで販売していますし、大手の製品の方が安心して購入できます。

しつこく勧誘されるようなら、警察に通報することをおすすめします。

浄水器を選ぶポイントはいくつかあります。
しかし最終的に決定打となるのは、あなたが何を重視するかということです。

不純物を取り除けば十分なのか。
カルキ臭さをなくしたいのか。
徹底的に有害物質を取り除きたいのか。

などなど、どこまでを希望するかによって、選ぶべき浄水器も変わってきます。

単に不純物やカルキ臭さを取り除きたいというのなら、蛇口に取り付けるタイプの浄水器で十分です。

価格帯でいうと、3,000円から7,000円の製品になります。

もっとしっかりと有害物質を取り除きたいという場合は、据え置き型の浄水器がおすすめです。

高度な除去性能をもった浄水器になると、蛇口取り付け型と比較して値段も上がり、タンク容量が2Lタイプのもので30,000円ほど、さらに大きくなると70,000円ほどになります。

高額なお金を出してまで欲しいものなのか。
訪問販売に慌てないためにも少々の知識を知っているだけで違いますね。

トイレリフォームの失敗例

スクリーンショット 2015-11-13 15.41.00

トイレリフォームの失敗例を紹介しましょう。

雰囲気をよくしたいと思って間接照明にしたけど、暗すぎて健康チェックができないと言うケースがあります。

基本的にトイレは個室ですから、自分だけで過ごすのです。
できるだけ明るくしておきたいものです。

最近は排便の状況によってある程度の健康度合いを見ることができると考えられるようになりました。

暗くするのは大きな間違いですね。 それから、明るくしようと窓を広げたら外からの視線が気になるようになった例もあります。

これは程度問題ですね。 トイレットペーパーや衛生用品の収納場所も失敗が多いようです。

トイレに座ったままではトイレットペーパーが取れない場所にあるとか、床においてしまうと汚れが気になってしまうと言う失敗です。

実際にトイレを使用する時のことをイメージしておかなければなりません。

トイレで使用するスリッパも失敗が多いようです。
スリッパが扉に引っかかってしまうのです。

トイレをリフォームしても、床にトイレマットを敷きますね。 その高さを考慮しておかなければならないのです。

このような失敗をしないためにどうすればいいでしょうか。
トイレのことをよく知っているリフォーム業者を選ぶことが大切です。

多くの施工業者は家を建てたり、リフォームをしたりしても、その後のフォローをしていません。

自分たちが作った家にどのような不満があるのかを把握していないのです。

その点で言えば、トイレの施工をたくさん行っている業者の方が情報を共有していますから、失敗例から学んでいることでしょう。

キッチンのリフォームと老後

kitchen-728718_1920

子供が成長して巣立っていったら、夫婦だけの住まいになる家庭もあります。そこで新たな老後の住まいとして、今までの住まいをリフォームすることも楽しみの一つです。

現在でも子供が巣立った後、築40年以上も経った古くて弱いうちに住んでいる高齢者が多くいますが、耐震の面から考えても、利便性から考えても心配です。

老後の住まいとしてリフォームするなら、介護生活も想定しておかなければいけません。まだ介護なんて気が早いと先送りをする人も多いのですが、体力も知能もしっかりしているうちから準備をするのが理想的です。

介護住宅と言えばバリアフリーという言葉が思いつきますが、安全のために家の中の段差をなくすことが必要です。

キッチンの通路は広めにしておいた方が、万が一、車いす生活になった時にも慌てず、子供や孫が遊びに来て大勢でお料理することがあっても快適に過ごせます。

夫婦2人だけなら収納や設備はコンパクトなものが便利です。機能も複雑なものよりは、シンプルで手入れのしやすいものを選ぶとよいでしょう。

高齢になるとキッチンの高い場所の収納は使いづらく、事故になる危険性もあります。昔の台所には必ずあった床下収納も高齢者には腰に負担がかかるため避けた方が無難です。

冷暗所に置かなくてはならないものは、保存がきくものですよね。長く保存しておくものは使わない部屋などに置くほうが取りに行くのに便利です。

最近のスーパーはシルバーデイなどを設けているところも多いので、それらを利用して必要な以外を買い溜めないこともできるでしょう。

また高齢になるほどコンロによる火災や事故も増えます。オール電化やIHクッキングヒーターに切り替えると安心ですが、警報機をつけるのも一つの方法です。

洗い物などの身体への負担を考えて高さや幅なども身長にあわせた低めを選ぶなど、お子さんが近くにいる方は一緒にショールームに行っていただくのもいいでしょう。

長年住み慣れた住まいで、毎日使うキッチンをリフォームして、安心で快適な老後を迎えたいものです。