カテゴリー別アーカイブ: エコポイント

トイレのリフォームの問題 

16929580590_41c179b92c_z

家族の不満を取り除くためのトイレのリフォームですが、不満が残ってしまうことも少なくありません。

 

 

リフォームの失敗例から、どこに問題があったのかを考えてみるといいでしょう。

 

 

トイレの床材の選び方を間違ってしまい、無垢の床材が黒くしみだらけになってしまうことも。

 

 

トイレは水を使用することが前提です。

 

 

水に強い素材を使用しなければならないのです。

 

 

タイル床もいいでしょうし、ビニールシートタイプでも構いません。

 

 

汚れることを前提として、掃除しやすい素材を選んでください。

 

 

トイレの便器には手洗い器が付いたタイプがあります。

 

 

手洗いをして、タオル掛けまで手を移動させる時に、水滴が床に落ちてしまいます。

 

 

年数が経つとかなり汚れが目立つようになります。

 

 

タオル掛けの位置に対する配慮がなかったためです。

 

 

見かけをすっきりすることも大切ですが、実際に使用する時のことをイメージしなければなりません。

 

 

水がかかるところにはそれなりの対策をしておかなければならないのです。

 

 

温水洗浄便座を使用したいと思う人は多いのですが、そのために便座の大きさが大きくなることがあります。

 

 

取り付けは問題ないのですが、トイレ全体が狭くなって、使用しにくいケースもあります。

 

 

リフォームではトイレのスペースを変えることはできませんから、便器の大きさを確認しておくことが大切です。

 

 

使用者が座ったり立ったりするスペースを確保しておきましょう。

 

 

トイレのリフォームは失敗したからと言って、やり直すことは容易ではありませんので。

キッチンのリフォームと予算

19115591314_c4bd10112b_z

キッチンをリフォームすると決まったら、次に予算を決めなければなりません。

 

 

キッチンのリフォームではおよそ50万円から150万円位が相場になっています。

 

 

位置を変えないで新しいシステムキッチンに取り換えるだけのリフォームなら安く済みます。

 

 

いくつかの業者に予算を踏まえたプランと見積もり出してもらうことになりますが、見積もりが安い業者を安易に選ぶことは危険です。

 

 

なぜ他の業者より安いのか、材質やグレードはどうか、納得のできる内容であるかよく確認することが大切です。

 

 

リフォームは新築とは違って予想外の費用が生じることがあります。

 

 

図面や下見では見えない部分、床下や配管部分の老築化やシロアリにやられていたという例も多く、それだけ余分に費用がかかることになります。

 

 

そうなってから慌てないために予算は見積もりより1.5倍位余分に見ておくと安心です。

 

 

もし見積もりで予算を超えてしまったら、コストダウンの方法を考えてみます。

 

 

材質や設備のグレードを下げることも一つの方法です。

 

 

システムキッチンのグレードを下げるだけでも費用はかなり抑えられます。

 

 

他にも扉をなくしたオープン収納にする、ビルトイン設備から外す、タイルをやめて工程を減らすなど、少しの工夫も積もれば大きな節約になります。

 

 

キッチンのリフォームを成功させるためには、最初に決めた予算でプランを立てること、どんなにいい設備を薦められても安易に予算を上げない決意が大切です。

 

 

そして何を優先させるか、何を妥協するか、家族でよく話合うことが大切です。

最新のバスルーム事情(浴室乾燥機)

18661252532_eb2ab98dd2_z

リラックスできてくつろげるバスルームはもちろん大切ですが、やはり掃除をするかたにとりましては、掃除のしやすさが一番ではないでしょうか。

 

 

もしあなたがバスルームの掃除をする係であったなら、掃除がしやすいようにリフォームしたいと思いませんか。

 

 

バスルームのカビやぬめりなどの嫌な汚れは、とにかく湿気が大敵です。

 

 

湿気があるのと無いのでは、汚れの広がり具合が格段に違います。

 

 

そこで、多くのかたが最近のバスルームに取り入れているのが「浴室乾燥機」なのです。

 

 

換気扇だけではなかなか乾燥してくれないバスルームも、浴室乾燥機を取り付ければほんの数時間でカラカラに乾いてしまいます。

 

 

そして、さらに嬉しいことには、雨の日でも洗濯物をバスルームに干すことが出来るということです。

 

 

これは家族が多いかたなら、とくに嬉しいことでしょう。

 

 

大勢の家族がいますと、1日洗濯をしないだけでも大量になってしまいますので、雨であってもどうしても洗濯したいものなのです。

 

 

そして、それを部屋干ししなくてはなりません。

 

 

ただでさえ干す場所もないのに、むりやり干したお部屋は湿気でムンムンしてしまいます。

 

 

それが何日か続きますと、本当にそのお部屋の隅々にもカビが発生してきますし、洗濯物もパリッと乾いてくれません。

 

 

ですが、バスルームであれば、ある程度の広さがありますから、工夫をしてかなりの量を干すことが可能です。

 

 

そしてそこに浴室乾燥機があるのでしたら、洗濯物もバスルームも一度に乾燥させることができるのですから、こんなにラクで嬉しいことはありませんよね。

 

 

新築のマンションなどでは、最初から浴室乾燥機がついているのが普通になってきています。

 

 

あなたもバスルームをリフォームする際には、検討してみてはいかがですか。

最近のクーラーと使う季節

スクリーンショット 2015-07-31 13.54.18

クーラーが必要な季節は夏場ですね
 

 

もちろん、最近のクーラーはエアコンになっていますから、冬場の暖房器具としても使用することが多くなりました。

 

 

ただ、クーラーとして購入するのであれば、夏場の冷房性能を比較して機種を決めることが重要です。

 

 

メーカーのカタログを見ると、冬場の性能を強調している場合もあるのです。

 

 

冬場と夏場の電気代は冬場の方がかかると言われています。

 

 

ただ、冬場はストーブなどのエアコン以外の家電品がありますから、エアコンの性能が劣っていても気にすることはあまりないのです。

 

 

これに対して夏場の冷房はクーラー以外では扇風機だけです。

 

 

暑い部屋に扇風機があっても、ほとんど役に立たないでしょう。

 

 

したがって、エアコンとして購入するよりもクーラーとしての性能をしっかりとチェックしてください。

 

 

必要ならメーカー間の比較をします。

 

 

価格だけではわからない部分がたくさんあります。

 

 

最近のクーラーは省エネ志向が強くなっています。

 

 

消費電力が少なければいい製品だとメーカーは宣伝しているのです。

 

 

もちろん、消費電力が少なければ電気代が安くなりますから、結果的にお得な商品を購入したことになります。

 

 

その年によって、夏場の暑さがかなり違います。

 

 

今年は良くても来年は違うかもしれません。

 

 

クーラーの買い替えは10年後ぐらいが一般的です。

 

 

それまでは同じ機種を使用するのですから、冷夏だったとか暑い夏だったと言うことを気にせずに機種を選んでください。

新潟でリフォームなら!こだわりの女性建築士目線で提案します

クーラーのメーカーを選ぶ

スクリーンショット 2015-07-22 11.08.03

クーラーメーカーを選ぶ時にどこを比較しますか。

 

 

価格ですか。

 

 

性能ですか。

 

 

クーラーに限らずメーカーは他社と自社の製品を比較していますから、極端な差は出ません。

 

 

つまり、比較しても、明確な購入動機にはならないのです。

 

 

それならば、どうやって購入メーカーを決めればいいのでしょう。

 

 

はっきり言えば、自分の好みです。

 

 

実はこれまで使用してきたメーカーのクーラーを購入したいと思っている人が多いのです。

 

 

もちろん、極端な価格差があれば別ですが、家電量販店の陳列棚を比較しても決めることができないでしょう。

 

 

これまで使用しているメーカーを選ぶ方がいいのは、リモコンがほぼ同じだからです。

 

 

メーカーが違うとボタンの名称や動き方、配置などが全く違います。

 

 

リモコン操作をする度にストレスを感じてしまうことになるでしょう。

 

 

特に高齢者の場合は、慣れたリモコンでなければ操作できないかもしれません。

 

 

クーラーを購入する時には誰がリモコンの操作をするかを考えておきましょう。

 

 

冷房能力や省エネ度なども重要な仕様なのですが、現実的には使っている人はほとんど考えていません。

 

 

インターネットでメーカー比較をしてみましょう。

 

 

それぞれのメーカーには特徴があります。

 

 

得意とするクーラーの性能が違いますから、単純な比較はできません。

 

 

家電量販店のスタッフがすすめてくれる商品を選ぶことも悪くありません。

 

 

それが、一番売れている機種と言えるでしょう。 自分でクーラーの風に当たってみるのもいいですね。

最新のバスルーム事情(浴槽自動洗浄システム)

スクリーンショット 2015-06-26 13.36.23

家の中の掃除のなかで、もっとも嫌いなのがバスルームだとおっしゃるかたが一番多いようです。

 

 

確かに、それはわかります。

 

 

ですが、毎日、簡単にでもお掃除していれば、汚れはそれほど急激にたまらないですし、こびりついたりもしません。

 

 

それほど嫌なお掃除でもないと思うのですが、少々、掃除をしていないでいますと大変なことになりますね。

 

 

そのため、バスルームのリフォームの際には、速乾性の床や壁などに替えてしまうご家庭は多いのですが、実はもっと画期的なおすすめ商品があります。

 

 

それが、「浴槽自動洗浄システム」です。

 

 

読んでそのまま、自動的に浴槽を洗浄してくれる機能があるのです。

 

 

原理としては、食器洗い機の大型版とでも申しましょうか。

 

 

浴槽のお掃除をしなくて良いだけでも、だいぶラクになった気がしませんか。

 

 

浴槽自動洗浄システムは、各メーカーから販売されていますが、だいたいどこのメーカーであっても、単に洗浄をするだけではなく、残り湯の排水から始まり、その後、お湯で予備洗い、次に洗剤を使っての本洗い、勢いのよいお湯ですすいで洗浄終了。

 

 

さらにその後には、新たなお湯はりの準備までという一連の流れを、全てボタン一つでやってくれるのです。

 

 

これは、お風呂掃除の担当者にとりましては、大変ありがたいシステムではないですか。

 

 

浴槽のお掃除は、凹凸は少ないですが面積が意外と広く、腰を曲げたり、滑らないように注意したりとけっこうな重労働ですからね。

 

 

働く主婦のかたにとりましても、大幅な時短となりますので、リフォームの際には、注目していただきたい機能ですね。

 

 

浴槽自動洗浄システムと、速乾性の床、壁などを取り入れましたら、バスルームのお掃除が、今までの半分以下の回数ですむようになりそうですね。

部屋干し対策に除湿機

スクリーンショット 2015-06-25 12.29.55

部屋の湿気取り対策は、雨が多い季節にはみなさん、気をつけていると思いますが、お洗濯物を部屋干ししている方は、特に、一年にわたって気をつけてもらいたいことです。

 

 

昼間はリビングなどの窓際に洗濯物を干している方もいらっしゃるでしょうし、お風呂場に物干しがついているおうちもあるでしょう。

 

 

お風呂場に乾燥システムがついている場合は、それを使ってお風呂場も洗濯物も乾燥できますよね。

 

 

ですが、乾燥システムがついていないお風呂場は、ただでさえ湿気対策が必要なのに、お洗濯物が干してあることで余計に湿度も高くなってしまいます。

 

 

ですから、まめに湿気対策をしないとお風呂場にはカビが出てきてしまうでしょう。

 

 

お風呂場に除湿機を使う方法もあります。

 

 

除湿機は部屋の湿気取りだけではなく、お風呂場など湿気の多い場所ほど活躍してくれることでしょう。

 

 

移動式のコンパクトな除湿機や、大きめでもキャスターがついていて移動が楽な除湿機を選べば、家中、どこでも使うことができますよね。

 

 

お風呂場の乾燥システムは、一晩中、稼動させているとかなりの電気代がかかるといわれています。

 

 

もちろん、除湿機も電気を使いますが、どちらが効率的で、安く除湿できるのか、比較検討してみてもよいですね。

 

 

除湿機はエコなものもありますし、反対に、消費電力が大きいものもあります。

 

 

除湿機をわざわざ購入して稼動させる必要があるのか、まずはお風呂場の乾燥システムの消費電力をチェックしてみるとよいでしょう。

最新のバスルーム事情(ミストサウナ)

最新のバスルーム事情をお知りになって驚いていませんか。

 

 

ほんの数十年の間に、バスルームの設備は驚くほどの進化を遂げています。

 

 

そして、せっかくリフォームするのだからということで、皆さまさまざまな設備を取り入れていらっしゃいます。

 

 

最近のリフォームにおきましては、自宅のバスルームではなかなか無理と思われていた「サウナ」までも取り付けることができます。

 

 

本格的なサウナももちろん設置することができますが、その場合にはサウナ用のスペースが別に必要になりますので、他の部分が狭くなりますし、その部分だけは少々大掛かりな工事が必要となってしまいます。

 

 

ですので、もっと簡単に設置可能な「ミストサウナ」を希望するお宅が増えています。

 

 

ミストサウナはご存じでしょうか。

 

 

ミストサウナは通常のサウナとは異なり、温水を霧のように非常に細かい粒子にしてバスルームに噴霧する仕組みのサウナです。

 

 

これをしばらくつけてからバスルームに入りますと、内部が充分に暖まっていますので浴室暖房がなくてもよいくらいになります。

 

 

そして、普段、汗をかきにくいかたであっても汗をかくようになり、身体は芯から暖まり、さらにお肌は水分を充分に蓄えて、しっとりすべすべになります。

 

 

メリットだらけのミストサウナですが、さらに嬉しいことに、ミストサウナは単独で取り付けるタイプもありますが、浴室暖房乾燥機についている場合が多いです。

 

 

ですので、もしリフォームの際に浴室暖房乾燥機を検討しているかたがいらっしゃいましたら、ぜひともミストサウナ付きのものを購入していただきたいと思います。

 

 

リフォームでミストサウナを設置したご家庭のほとんどが大満足しているという結果になっています。

 

 

浴室暖房乾燥機は必要ないというかたでも、単独でミストサウナは設置可能です。

 

 

浴室暖房の代わりにもなりますので、本当に便利ですよ。

最新のバスルーム事情(ジャグジー)

温泉施設にいきますと、実にさまざまな浴槽がありますよね。

 

 

薬草風呂であったり、床部分から大量の泡がでてくるタイプであったり、横からジェット噴流で空気が出てきたり、たくさんの浴槽が用意されていて、どれに入ってみようかと楽しく迷うことができます。

 

 

あなたは、あれらの中でどのタイプの浴槽が好きですか。

 

 

空いていれば真っ先に入ってみるのはどのタイプでしょう。

 

 

薬草風呂などは入浴剤を入れればご家庭でもすぐに出来ますが、泡が出てくるタイプやジェット噴流は、それ相応のバスタブでなくては出来ません。

 

 

ですが、現在ではご家庭用のバスタブでもそのようなものが販売されていますので、リフォームの際にそのようなバスタブを選ぶだけで自分の家のバスルームがジャグジーに早変わりというわけです。

 

 

今までは温泉にでも行かなければ入れなかったジャグジーが家でいつでも好きなときに楽しめるなんて、とても幸せなことではないですか。

 

 

外が寒い時期は身体が凝り固まっていますし、デスクワークが長くて肩や背中が凝っていることもあるでしょう。

 

 

そのような時に、自宅のバスルームで温かいお湯につかり、凝ったところにジェット噴流を当てて寛いでいる自分自身を想像してみてください。

 

 

そして、お湯から出た時の爽快感。

 

 

ジャグジータイプのバスタブにリフォームして良かったと心から思える瞬間です。

 

 

一昔前までは、自宅にジャグジーなどお金持ちにしか可能ではなかったのですが、現在では一般家庭でも手の届く金額になっていますし、実際に自宅をジャグジーにリフォームするかたは年々増えています。

 

 

あなたもいかがですか。

キッチンのリフォームと省エネ

エコの時代、せっかくキッチンをリフォームするなら、省エネにも配慮したいものです。

 

 

家の中で最も使用する時間が長く、エネルギーを多く消費するキッチンは、工夫次第で大きな省エネ効果が期待できる空間です。

 

 

キッチンの設備選びは使い勝手や手入れのしやすさで選びますが、それに加えて短時間で調理ができることも大切です。

 

 

そこで人気を集めているものはIHクッキングヒーターです。

 

 

IHクッキングヒーターは電力によって鍋そのものを発熱させる加熱機器です。

 

 

ガスコンロより効率的に加熱ができるため調理時間が短縮でき、周りの空気を温めないため余計な冷房を使わずに済みます。

 

 

またタイマー付きや自動調理機能がついたものもあり、機能的にも優れています。

 

 

一般家庭で多く使用されているガスコンロでも、最新のものは3口ついているものがあり、グリルとフル活用することで効率のよく調理ができます。

 

 

リフォームの際に食器洗い乾燥機を取り付ける家庭も増えています。

 

 

電気代はかかりますが、手洗いの場合と比べると少ない水の量で洗浄できるため省エネだと言えます。

 

 

また家中のお湯をつくる給湯設備もキッチンの省エネのポイントです。

 

 

現在はガス式と電気式が主流ですが、最近は太陽熱や自家発電を利用した設備も増えています。

 

 

省エネ効果が高いものでは国の補助金が得られるものもあります。

 

 

他にも熱のこもりやすいキッチンの風通しや採光を工夫して冷暖房に頼らない間取りにすることや、キッチンの照明を省エネタイプに替えることも省エネになります。