カテゴリー別アーカイブ: 不動産

ペット可の賃貸物件を探すには

経験されている方が多いかと思いますが、ペット可の賃貸物件を探すことは簡単なことではありませんね。

 

 

ペットを飼うことができる賃貸物件がないわけではありません。

 

 

ただ普通に部屋探しをするより少し困難かもしれないということです。

 

 

賃貸住宅をみてみると、ペットを飼えるものはあまり多くはないのです。

 

 

賃貸物件の95%はペットの飼育を認めていないという実情があります。

 

 

それは貸主側が防衛のために敬遠しているからです。

 

 

やはりペット絡みで入居者同士のトラブルが起こりやすくなってしまいますし、退去後も普通の入居者より部屋をクリーニングするのに費用がかかってしまうからです。

 

 

実際にペット可にしている賃貸物件を見ると、1つはもともとペットと一緒に住むことを考えて建てられた賃貸物件。
もう1つは古くなったとか立地が悪いなど人気のない賃貸物件。

 

 

あと1つは一戸建ての賃貸物件となっています。

 

 

飼うことのできるペットにも条件をつけているところが多く、一般的に猫と犬だけに限定しているところが多いようです。

 

 

しかし少しずつですが1つ目のペットを飼うことを前提とした賃貸物件が増えてきて状況は改善されてきています。

 

 

こうした賃貸物件を探すのにてっとり早くできる方法は、インターネットを利用して賃貸物件の検索サイトで条件の欄に「ペット可」として検索をかけることです。

 

 

ただし、ペット可になっている賃貸物件の数があまり多くないことから、希望条件通りのものが見つかる可能性は低いです。

 

 

ですからエリアや家賃などの希望条件をゆるくしてみる必要があると思います。

 

 

供給数よりも需要数の方が圧倒的に多いペット可の賃貸物件では、一般的な部屋よりも一割から二割程度家賃が高くなっているのが当たり前だからです。

 

 

敷金などについても通常ならば家賃の一ヶ月分くらいですが、ペットがいると原状回復の条件が厳しくなって、別途壁紙を張り替えることを契約の際に約束させられることもあるようです。

 

 

弊社の場合、知り合いの不動産業者に声をかけてペット可物件があったら紹介してもらったりしています。

 

 

ペットとともに暮らしていて賃貸をお探しの場合は普段からインターネットなどで目星をつけて、できれば大家さんy不動産屋と仲良くなることがオススメです。

 

 

裏ワザですが、こうすることで入居してからのトラブルが少なく、多少のことには目をつぶってもらえます。

アパートに空室がある場合の財産評価について

セーフティネット

賃貸アパートの空室状況がこの時期、気にかかる大家さんは多いのではないでしょうか?

 

とくに学生専門のアパートですと4年生が卒業を迎えるこの時期に空室になり、3月末には新しい入居が決定するという状況かとおもいます。

 

このような状況の中、たまたま空室が多い時が課税時期となっていますが、この賃貸アパートとその敷地はどのように評価すればよいでしょう。

 

課税時期において、アパートの一部に借家人がいることから、貸家及び貸家建付地として評価します。

 

貸家建付地は、宅地の態様の一つで、「貸家の目的とされている宅地」のことであり、所有する土地に建築した家屋を他に貸し付けている場合のその土地のことをいう。具体的には、所有する土地に建築した家屋(貸アパート、貸マンション、貸家など)を他に貸し付けている場合の土地を意味します。

 

借家権の目的となっている家屋は貸家として、その貸家の敷地の用に供されている宅地は貸家建付地として評価することとなり、それらの価額は、上記の算式により評価します。

 

貸家及び貸家建付地の価額は、それぞれの算式により評価します。この場合において賃貸割合は原則として課税時期において実際に賃貸されている部分の床面積に基づいて算定しますが、一時的に空室となっている部分の床面積を実際に賃貸されている部分の床面積に加えて算定して差し支えありません。

 

「継続的に賃貸されてきたもので、課税時期において、一時的に賃貸されていなかったと認められる」部分の範囲については以下のように解釈します。

 

アパート等の一部に空室がある場合の一時的な空室部分が、「継続的に賃貸されてきたもので、課税時期において、一時的に賃貸されていなかったと認められる」部分に該当するかどうかについては。

 

その部分が、

 

1各独立部分が課税時期前に継続的に賃貸されてきたものかどうか。

 
2賃借人の退去後速やかに新たな賃借人の募集が行われたかどうか。

 
3空室の期間、他の用途に供されていないかどうか。

 
4空室の期間が課税時期の前後の例えば1ケ月程度であるなど一時的な期間であったかどうか。

 
5課税時期後の賃貸が一時的なものではないかどうかなどの事実関係から総合的に判断します。

 

ご自身で申告をされている方はこの点に注意して計算してみてはいかがでしょうか。