カテゴリー別アーカイブ: 補助金・助成金

トイレのリフォームのポイント

toire_160602

【トイレ事情を知ることでトイレリフォームのポイントを知る方法】

少し前にもトイレについてお話させていただきました。正直な話、トイレアドバイザーとしてはトイレにはちょっと自分でもうるさい方だと思います。日本のなかで旅した場所はおそらくほとんどトイレを利用させていただいているといっても過言ではないです。

文藝春秋という週刊誌に月一で「トイレ探検隊」という記事があります。にっぽん〜たまに世界のトイレを見に行く〜という主旨で書かれているようです。そのなかで、トイレは正直、嘘はつかない。その日その日の体調を正直に教えてくれる・・・ということが書いてありました。ふむふむ。たしかに。

そして日本ハムの中田翔選手がアリゾナ・キャンプの感想を聞かれたときのコメントも。「身体も朝の寒さに慣れてきたけど、許せないのはトイレにウォシュレットがないこと、なんとかしてほしい」とありました。すごーーーくわかる気がします。

ちなみにウォシュレットというのはTOTOがネーミングした販売名なので正式には「温水洗浄便座」といいます。

気分よく充実した一日を過ごすには、快適なウォシュレットの存在は欠かせませんね。プロのスポーツ選手にかぎらず、「おしり」は大切です。自身も公共施設はとくに真っ先にトイレを探します。映画館などで開演間近に女子トイレに行列ができて、並んでやっと座ったら冷たい便器で、しかもウォシュレットなし・・・・というときはがっかりぽんです。

いつだったか、地方でテレビ局のイベントに参加したときにも感じたことがありました。アリーナだってのですが、屋内のトイレは使用禁止(おそらく出演者・スタッフの使用のため)屋外には何千人ものイベント参加者がいるのに、トイレは1ヶ所。しかも入り口は階段を登っていって小さな出入り口。

トイレットペーパーはない。もちろんウォシュレットなんてとんでもない。和便器で、床はタイルなので水はけがわるく、泥だらけの水びたし。古い建物ですから仕方がないといえばそれまでですが、主催者側のこまかな配慮の無さにちょっと??でした。

いま、まさに東京オリンピックにむけて競技場が造られようとしています。「聖火台がない」ということが話題になっていますが、そんなことより「大勢の観客が満足できる数と設備のトイレはあるのか?」ってそっちのほうが気になります。

最近聞いた話しでは旧国立競技場を壊したことから周辺でトイレを利用していた作業員や工事関係者・タクシーの運転手は近所のコンビニに駆け込んでいたといいます。親切なローソンにはトイレットペーパーが山積みに用意されていたとのことです。どこでもトイレを利用させていただいているので「ありがたい」という感謝の気持ちになりますね。

それでも、たまーーーに地方の集合施設やコンビニなどで見る「部外者以外おことわり」「トイレ利用の方はお買い物客のみ」という張り紙をみるとトイレアドバイザーとしては正直がっかりです。すみません。トイレのことになると熱く語ってしまう癖がアリます(笑)

前置が長くなりましたが、公共のトイレは自宅のトイレリフォームをするには参考にはならないかもしれませんね。そこでトイレをこれからリフォームするという方にむけてトイレアドバイザーとしてのポイントをお話したいと思います。

【トイレ事情を知ることでトイレリフォームのポイントを知る方法】

【トイレのリフォームのポイント】

トイレのリフォームで注意しなければならないことを説明しましょう。 まず、どのようなトイレにしたいかと言うことです。 和式トイレを洋式にするパターンが一番多いかもしれません。 しかし、最近のトイレはすでに洋式の方が多いはずです。

ただ、洋式の場合でも温水洗浄や脱臭機能が付いているかわかりません。 すでに洋式のトイレのリフォームを考えている場合は、最新のトイレに交換しましょう。 中途半端なリフォームは後で後悔します。 少しリフォーム費用がかかっても、これから先の利用のしかたを考えてください。

実は温水洗浄便座の価格は決して高くありません。 思っている以上に安くて済みます。 まずは見積もりをしましょう。 賃貸住宅の場合は、大家さんに言えばリフォームをしてくれる場合が多いです。 住居者の方から申告しないと大家さんは何もしません。

これから自分の家のトイレをリフォームしようと考えているなら、まずは10年後を考えてください。 トイレは高齢者にとって非常に重要です。 極端ないいかたをすれば、若い人たちのことは考えなくていいのです。 若い人は最終的には他所に行ってトイレを済ませればいいでしょう。

しかし高齢者はそうはいきません。 自宅から動くことができません。 毎日のトイレが気持ちよくできるかどうかは、長生きできることと密接に関係しています。 そのことに気づいてください。 だからこそ、現代のトイレはリフォームが重要になっているのです。 どこのメーカーに相談しても同じことを言われるでしょう。

【トイレのリフォームの相談】

トイレは家の中でも特別な空間です。 きれいで快適にしておきたいと思うでしょう。そのためトイレのリフォームを考える家庭も多いのですが、どのようなリフォームがいいのか悩んでしまいます。 まずは施工会社などに相談してみることでしょう。

ただ、リフォームありきの相談では、価格や便器の形などがメインの話になってしまいます。 リフォームの目的を明確にすることが大切でしょう。 トイレの便器はどれも同じだと思っていませんか。 実はメーカーによって微妙に違いますし、同じメーカーでも形によって違うのです。

それから、便器だけを見るのではなく、壁紙やトイレットペーパーの取り付け位置など気になるところはたくさんあります。 最近の便座は温水洗浄便座が主流です。 便器と一体型になっているタイプもありますが、別売りで後から取り付けられるタイプが多いでしょう。

トイレをリフォームせずに便座だけを交換することができるのです。 まずは自分の家のトイレがどのような形になっているかを確認しましょう。 インターネットで調べてみるとすぐにわかります。 便器にはメーカーと型式が記載されています。

和式トイレを洋式にリフォームするケースが一番多いかもしれません。 高齢者がいる家庭では、手すりなどを付けるリフォームもあるでしょう。 トイレのリフォームは10年後、20年後を見据えて行うべきでしょう。 施工会社がそこまで考えてくれるとは思えませんから、家族でじっくりと話し合ってください。

【トイレのリフォームと温水洗浄 】  

温水洗浄便座をすでに使っている家庭も多いでしょうが、賃貸マンションなどでは利用者が自分で設置しなければならないケースがほとんどです。 最近建設された物件なら、温水洗浄便座になっているでしょう。

トイレのリフォームの際に温水洗浄便座に変更することが多いようです。 ただ、リフォームをするまでもなく、温水洗浄便座だけを交換することができます。 トイレに使用する温水洗浄便座の交換する時の注意事項を紹介しましょう。

まずは、現在のトイレの便器の形や寸法を確認します。 そのためには便器に貼ってあるラベルから品番を確認しましょう。 品番がわかればメーカーのホームページから正確な寸法を確認することができます。 その次に、便器の周囲の空きスペースを測ります。 便座のふたを開ける時のスペース、操作ボタンのスペースなどが必要です。

空きスペースがないと設置できないケースがあるのです。 便器の品番がわかれば、利用できる温水洗浄便座の型式が決まります。 温水洗浄便座はいくつかのメーカーがありますから、自分の好みで選べばいいでしょう。 基本的な機能は変わりません。

ただ、形やボタン操作が少し違いますから、説明書をよく読むことでしょう。 温水洗浄便座の取り付けは簡単です。 便座の後部にボルトがありますから、それを緩めると外れる構造になっているのです。 女性は無理かも知れませんが、男性なら簡単に交換できるでしょう。 トイレを温水洗浄便座に交換するだけで、トイレが快適になることは間違いありません。

【トイレのリフォームの費用】

トイレのリフォームを考えているなら、どれくらいの費用がかかるのか気になるところです。 リフォームと言っても、どの部分を替えるかによって費用は変わってきます。 最近のトイレ本体は節水トイレが主流です。

したがって、トイレ本体の交換、ウォッシュレット設置、およびそれらの工事すべてを合わせて、10万円以下が主流でしょう。 もちろん、壁や床の張替などもリフォームする場合は、その費用を見ておかなければなりません。

ただ、便器の交換、便座の交換は自分でもできます。 それほど難しくないからです。 費用をかけたくないなら自分でやってしまいましょう。 注意しなければならないのは、水回りですから、きちんと締めておかないと水が漏れてしまうことです。

温水洗浄便座だけの交換は簡単です。 便座の場合は汚水が漏れてしまうことになりますから、確実な工事が肝心です。 それが心配なら、施工業者に依頼しましょう。 節水トイレや温水洗浄便座にはいろいろな種類があります。 どれを選ぶかによって、費用は大きく変わってくるのです。

温水洗浄便座は脱臭機能が付いているタイプが多くなりました。 メーカーのショールームやホームページで確認しておきましょう。 ただ、実際に使用してみなければわからないこともたくさんあります。 カタログだけでは決められないのです。 他所に出かけた時に、取り付けられているトイレの温水洗浄便座の使い心地を確認するのもいいでしょう。 慌ててリフォームする必要はありません。

トイレのリフォームをすると決めたら、いろいろなトイレを見たり、利用させてもらうといいでししょう。食事でレストランに行ったときや、喫茶店。最近ではコンビニやホームセンターなどのといれもきれいで充実されているところも多数あります。

「使ってみなければわからない」ところがトイレのリフォームではポイントになります。実際にショールームなどで座ってみることもオススメします。メーカーによっては使い勝手を知ってもらうためにショールームのトイレは最新仕様になっているところもあります。遠慮無く使わせてもらいましょう。

トイレのお話の続きです。前回のお話のなかにも書いたのですが、公共のトイレ事情には心配なことが多いです。ときにいま話題になっている東京オリンピックに向けた国立競技場の建設に関しては、聖火台も気になるところなんでしょうけど、一番気になるのはトイレ事情です。

ただでさえ「トイレが近い」自身としては東京オリンピックを見に行くか行かないかはさておいて、何度も息子のサッカーにつきあって千駄ヶ谷の駅を利用したころを思い出すと、オリンピック開催期間中ともなると人の数だけでも相当なものだろうと、想像するだけでもゾッとします。

開催中に会場にはどのくらいの選手、関係者、観衆がくるのでしょうか。駅や周辺のトイレでは賄えないのではないだろうか?さてさてトイレの数や種類は関係者はどう考えているのか?と先々のことなのに心配しています。もしまだ間に合うのなら一度見なおして欲しいくらいです。

これからお住まいのトイレをリフォームしようとお考えのかたには、毎日使う、とってもお世話になっている狭い空間だからこそ、後悔してほしくないし、トイレにはこだわってほしいと思っています。だれでもこの先は高齢者になるわけです。寒くて狭くて冷たくて不便なトイレとはさよならしませんか?

そんな思いで、トイレ事情とともにトイレリフォームを見直すポイントをトイレアドバイザーとしていくつかお話します。

【トイレのリフォームとマンション】  

賃貸マンションの場合、トイレのリフォームをすることはできませんが、便座を温水洗浄便座に交換することはできます。 普通の便座を取り外して新たに購入した温水洗浄便座に替えればいいのです。

もちろん、出ていく時にはリフォームした便座を元に戻しておきます。 温水洗浄便座は次のマンションでまた使用すればいいでしょう。 温水洗浄便座の交換は自分でできます。 ただ、トイレ内にコンセントがないと、電気工事が必要となりますから、少し面倒になるでしょう。

ほとんどのマンションではコンセントを設置していると考えられますから、あまり心配しなくてもいいでしょう。 温水洗浄便座を購入する前に、トイレの便器の形や周りの空きスペースを確認しておきます。

狭いトイレの場合は、取り付けられない場合もあるからです。 マンションの造りによって、トイレ空間はかなり違います。 トイレは家の中で重要な空間ですが、施工業者がどこまで考えているかわかりません。

単に便器を置くスペースがあればいいと考えている場合は、窮屈な空間になっているのです。 マンションを選ぶ時にトイレをまず見ると言う人もいます。 それだけ重要視しているからです。 台所は使用しなくても、トイレを使用しない人はいません。

毎日の日課です。 家が快適かどうかはトイレで決まるのでしょう。 あなたは温水洗浄便座がいいですか。 これから便座を選ぶのであれば、最新式の便座にすべきです。 毎日を快適に過ごすことが大切なのです。 インターネットなどでで便座の種類を確認しましょう。

【トイレのリフォームの問題】 

家族の不満を取り除くためのトイレのリフォームですが、不満が残ってしまうことも少なくありません。 リフォームの失敗例から、どこに問題があったのかを考えてみるといいでしょう。 トイレの床材の選び方を間違ってしまい、無垢の床材が黒くしみだらけになってしまいました。

トイレは水を使用することが前提です。 水に強い素材を使用しなければならないのです。 タイル床もいいでしょうし、ビニールシートタイプでも構いません。 汚れることを前提として、掃除しやすい素材を選んでください。

トイレの便器には手洗い器が付いたタイプがあります。 手洗いをして、タオル掛けまで手を移動させる時に、水滴が床に落ちてしまいます。 年数が経つとかなり汚れが目立つようになります。 タオル掛けの位置に対する配慮がなかったためです。

見かけをすっきりすることも大切ですが、実際に使用する時のことをイメージしなければなりません。 水がかかるところにはそれなりの対策をしておかなければならないのです。 温水洗浄便座を使用したいと思う人は多いのですが、そのために便座の大きさが大きくなることがあります。

取り付けは問題ないのですが、トイレ全体が狭くなって、使用しにくいケースもあります。 リフォームではトイレのスペースを変えることはできませんから、便器の大きさを確認しておくことが大切です。 使用者が座ったり立ったりするスペースを確保しておきましょう。 トイレのリフォームは失敗したからと言って、やり直すことは容易ではありません。

【トイレのリフォームの悩み】  

トイレは家の中でも重要なスペースです。 長年使用しているうちに、部屋全体が傷んできます。 トレイの悩みとして多いのは、便器の黄ばみ、黒ずみなどの汚れ、床が湿気によってぶかぶかになってしまうことなどです。

それから、ずっと和式トイレだったけれど、高齢になってきて洋式トイレが欲しいと思う人もいます。 最近のトイレは節水トイレが注目されていますが、そのためだけにリフォームする人はいません。

リフォームする悩みがあって、その時に節水トイレが選択肢となると言うことでしょう。 トイレは水を使いますから、どうしても他の部屋に比べると汚れてきます。 汚れることを前提として、掃除しやすい便器や便座などを選ぶことが大切です。

便器は陶器でできていますが、特殊なコーティングをすることによって汚れが付きにくく、掃除もしやすくなったタイプが販売されています。 トイレのリフォームは何度もするわけではありませんから、どうせリフォームするなら、最新の設備に交換してはどうでしょうか。

快適なトイレ空間は生活を快適にしてくれます。 これまでトイレの悩みがあったならば、それをすべて解消するようにしましょう。 メーカー毎にトイレの形は違います。 それぞれが工夫しているのです。

トイレリフォームをする時は施工業者に見積もりを取りましょう。 どこまでやり直さなければならないかは、傷みの状況によって異なります。 一番簡単なのは暖房便座だけを取り付けることです。 これなら業者に依頼しなくても、自分でできるでしょう。

【トイレのリフォームの失敗】 

トイレリフォームの失敗例を紹介しましょう。 雰囲気をよくしたいと思って間接照明にしたけど、暗すぎて健康チェックができないと言うケースがあります。 基本的にトイレは個室ですから、自分だけで過ごすのです。 できるだけ明るくしておきたいものです。

最近は排便の状況によってある程度の健康度合いを見ることができると考えられるようになりました。 暗くするのは大きな間違いですね。 それから、明るくしよう窓を広げたら外からの視線が気になるようになった例もあります。

これは程度問題ですね。 トイレットペーパーや衛生用品の収納場所も失敗が多いようです。 トイレに座ったままではトイレットペーパーが取れない場所にあるとか、床においてしまうと汚れが気になってしまうと言う失敗です。

実際にトイレを使用する時のことをイメージしておかなければなりません。 トイレで使用するスリッパも失敗が多いようです。 スリッパが扉に引っかかってしまうのです。 トイレをリフォームしても、床にトイレマットを敷きます。

その高さを考慮しておかなければならないのです。 このような失敗をしないためにどうすればいいでしょうか。 トイレのことをよく知っているリフォーム業者を選ぶことが大切です。 多くの施工業者は家を建てたり、リフォームをしたりしても、その後のフォローをしていません。

自分たちが作った家にどのような不満があるのかを把握していないのです。 その点で言えば、大手施工業者の方が情報を共有していますから、失敗例から学んでいることでしょう。

【和式トイレのリフォーム】  

和式トイレを洋式トイレにリフォームしたいと言う希望は多くの人が持っています。 ただ、床下の構造を変えて、便器も変更しなければなりませんから、自分でできるわけではありません。 施工業者に依頼することになるでしょう。

どれくらいの費用がかかるのでしょうか。 調べてみればわかりますが、意外と安く、最低料金であれば20万円弱です。 もちろん、便器の種類によって金額は異なってきます。 最新型の便器や温水洗浄便座を取り付けるとプラス5万円程度と見ておかなければなりません。

せっかくトイレをリフォームするのですから、快適な空間にしたいものです。 ただ、本来のスペースを広げようとするとかなり大掛かりな工事となりますから、限られたスペースを有効に利用する工夫が必要です。

トイレリフォームの失敗の多くは、実際に使用する時のことを考えていないことが原因です。 トイレに座って用を足している自分をイメージしてみましょう。 何か不満に思うことがないでしょうか。

和式を洋式にするだけで快適さは随分と違いますが、それだけで終わらせるのはもったいないでしょう。 自宅外でトイレを使用する時に、どのような工夫がなされているかチェックしてみましょう。 参考になることがたくさんあるはずです。

最近建てられた家なら和式トイレを採用していることはほとんどないと言えますが、昔からの家にはまだ和式が残っています。 高齢者にとって和式は負担が大きいのです。 家族が快適に過ごせるようにトイレをリフォームしましょう。

【トイレのリフォームの業者】

住宅の中でも水回りを専門的に行っている業者はたくさんあります。 トイレのリフォームを思い立ったら、業者選びをしっかりとやりましょう。 トイレのリフォームで失敗すると、その後ずっと不満を持ったまま暮らしていかなければなりません。

そんな思いをしなくても済むようにリフォームの計画を立てるのです。 もちろん、費用についても考えておかなければなりません。 床材、壁材の交換をするのか、便器を交換するのかと言ったことも費用に大きくかかわってきます。

水を使用しますから、年数とともに床が湿気で傷んでくることは避けられません。 いずれはトイレのリフォームをしなければならないのです。 床が湿気でぶかぶかになってしまっている場合は、床の張替が必要になります。

最悪の場合は配管を変更することになるでしょう。 最新のトイレ機器のことだけではなく、トイレ全体をどのような作りにするのかをしっかりと把握している業者を選びましょう。 インターネットの比較サイトなどもありますが、基本的にリフォーム業者は地元が営業範囲です。

地元の小さな業者でも構いませんが、経験豊富な業者に依頼するようにしましょう。 価格だけで施工業者を決めてはいけません。 安いだけで何も考えていないことが多いからです。 もちろん、異常に高い業者も遠慮しておきましょう。

最終的には工事業者からの見積もりで判断することになりますが、どこまで考えているかを直接話してみることです。 その場でアドバイスが出てくる業者は施工も確実にやってくれるでしょう。

【トイレのリフォームの情報】

リフォームは今住んでいる家に不都合があるからやるものです。 トイレのリフォームも同じです。 具体的になぜ困っているのかを明確にしましょう。 リフォームの程度によって、必要なお金は変わってきます。

トイレは家族全員が利用します。 各人の意見を聞いてみましょう。 あなたの考えだけでリフォームを決めてしまわないことが大切です。 リフォームは施工会社によって出来栄えが違ってきます。

最新式の便器や温水便座を取り付けたいのでしょうか。 床や壁は傷んでいませんか。 年月が経つと湿気によって床がはがれてしまいます。 湿気を避けることはできませんから、数十年経ったらトイレのリフォームは必要と考えておきましょう。

高齢になって、トイレの利用がままならなくなった時にスムーズに対応できるようにしておきたいものです。 最近のトイレの情報はインターネットで調べることができます。 メーカーのホームページにも掲載されていますし、施工業者の情報もあります。

工事費込みの金額が提示されています。 自宅のトイレの形やスペースなどをきちんと確認しておきましょう。 便器や温水洗浄便座を選んでも取り付けられないという事態にならないように気を付けてください。

節水便器が注目されています。 少ない水できれいに洗い流してくれるタイプの便座です。 汚れにくいように特殊なコーティングを施したタイプもあります。 温水洗浄便座は安い商品で2万円台です。 どのような機能が必要なのか確認してください。

トイレリフォームに「これが正解」というものはありません。各家庭の生活スタイルや事情があるからです。ですから業者任せや、カタログだけで決めるのではなく、実際にメーカーのショールームなどで、座ってみたり、掃除のしやすさなどを確認しましょう。メーカーによっては最新の器具をショールームで使用することが可能です。触ってみて、使ってみて使用感を確かめたうえでトイレリフォームをしていただくことをオススメします。

便器メーカーとトイレ

スクリーンショット 2015-10-22 13.30.06

トイレの便器メーカーとして一番有名なのはTOTOでしょうか。

必ずどこかで見たことがあるはずです。

トイレのリフォームをする時には、メーカーを気にする必要はありません。

どこのメーカーの便器にも温水洗浄便座は取り付けられるからです。

ただし、便器ふたを開けた時にタンクに当たらないような機種を選んでおくことが大切です。

自分で温水洗浄便座の交換はできますが、便器周辺のスペースがなくて取り付けられないこともあります。

TOTO以外ではINAXとパナソニックが販売しています。

それぞれのメーカーは独自色を出すために、洗浄の方法を工夫しています。

少ない水で効率よく洗浄すること、トイレの臭いを遮断することが、重要なポイントです。

各メーカーのホームページを見てみましょう。

便器がなぜこのような形になっているのかが解説されています。

初めて知ることも少なくないでしょう。

毎日使用しているトイレですが、知らないことが多いのです。

リフォームを考えるようになってから、トイレに詳しくなる人は少なくありません。

どのようなリフォームが理想なのか、トイレでどのようなことが困っているのかを確認しましょう。

困っていることに気づいていない場合もあります。

トイレのリフォームは1度限りとなることが大半ですから、失敗しないように便器を選びましょう。

それぞれの家庭で最適な便器は違っています。

各メーカーの特長とメリットを調べてください。

リフォームをする時は、悩みを解消することが大切です。

新潟でリフォームなら!こだわりの女性建築士目線で提案します

同じような浄水器を比較するポイント

cup-939479_1920

これから浄水器を購入する予定だという人に向けて、浄水器を比較する際のポイントについてご紹介します。

近年は数多くの浄水器がさまざまなメーカーから販売されており、どれがどう違うのかよく分からないという人も多いのではないでしょうか。

中には同じような見た目で同じような値段のものもあり、どこをどう比較すればいいのか分からないケースもあります。

結論から言ってしまうと、ここ数年に発売された10,000円以下の浄水器のろ過性能は、ほとんど同じです。

たとえば、現在の主流である蛇口につけるタイプの浄水器の場合、大手メーカーのものであれば、ほぼ同じくらいの除去性能があります。

ろ過流量もほとんど同じで、1.6Lのはずです。

では、蛇口タイプの浄水器を選ぶ場合、どの辺りを比較すればいいのでしょうか。

性能がほとんど同じということを考えると、あとは使いやすさの問題となります。

使い勝手は製品によって結構違いがあり、それが価格差となっていることも多いです。

たとえば、シャワー機能が備わっている、水流がなめらかになっている、フィルターの交換時期が液晶で分かるなどなど、浄水以外の点でずいぶんと差があります。

浄水器を選ぶ場合、高いものを選んだ方が機能も優れているだろうと思いがちですが、そんなこともありません。

浄水能力が同じであることを考えると、むしろ見るべきポイントは水流です。

水流を調整できるタイプの浄水器は、非常に使い勝手がいいのが特徴です。

この辺りは使ってみないと実感できないことですが、購入の際はチェックしておくといいでしょう。

最新のバスルームのデザイン

bathroom-713248_640

最新のバスルームは本当に目を見張るほど素晴らしい機能が満載で、リフォームの際にご自宅のバスルームにもどの機能を取り入れるのか迷ってしまいますね。

しかし、素晴らしいのは機能だけではありません。

これが本当に一般家庭のバスルームなの?と思うくらいにデザインがお洒落になってきています。

掃除がしやすい方が良いバスルームですから、ゴテゴテした飾りがあるわけではありませんが、シンプルな美しさもあります。

各所に流線型を使用するなど、まるで海外旅行などで宿泊したときに憧れたリゾートホテルのバスルームのようなものまで。

基本的に日本の住宅は狭いのだから、バスルームも狭くて当然だろうという感覚がこれまであったと思います。

家を設計するときに、バスルームの大きさが決まっているわけではないにもかかわらず、基本的に日本の住宅ではこのくらいが良いであろう、という暗黙の了解にも似た大きさというものがありました。

その基本となっていた大きさが現在、一回り、二回り広くなってきています。

日本人の体格が少し大きくなったという理由もあるでしょうし、狭いバスルームはリラックスできないという考えからきているということもあるでしょう。

さらに最近のリフォームで人気があるのは、脱衣所とバスルームの間の壁を透明なガラスで仕切るという方法です。

こうすると、解放感がありますので、狭いバスルームでもかなり広く感じます。

さらに、バスルームの鏡を大きめのものにすれば、鏡に映った部分に対して目は奥行きを感じますから、いっそう広く感じますね。

狭いところが嫌いなかたや苦手なかたは、リフォームの際にこのようにすれば良いのです。

脱衣所に洗面所や洗濯機があって、ほかのご家族が出入りする場合には、仕切りのガラス部分にカーテンなどを付けておけば心配ありませんね。

くれぐれも最新のバスルームに変更する場合は、寸法などは当然のことながら間違えないようにしましょう。

バスルームの床暖房

baby-feet-847821_1280

通常、人間は足元が冷えていると寒さを余計に感じるものです。

冬になると足が冷えるかたには、よくわかる事実ですよね。

それと同じで、バスルームにおきましても洗い場の床が冷たいままだと、身体全体が冷えて感じてしまいます。

何度かお湯を流せば暖まりますが、それでも冬になると、またすぐに冷えてしまうものですよね。

浴室暖房までは必要ないけれども、もう少し冬の寒さをなんとかできないだろうか、とお考えの方には、バスルームだけの床暖房があります。

床暖房のスイッチを入れておけば、足元からほんのりと暖かさが上がってきますので、真冬の寒さがだいぶ和らぎます。

脱衣所からバスルーム内に足を踏み入れたときの、ヒヤッとした感じもありません。

洗い場が寒々しいと、ゆっくり落ち着いて身体を洗うことが出来ないばかりか、心臓に負担がかかりますので危険でもあります。

若い健康なかたにとりましても、不快感でストレスになりますね。

適温範囲外の温度というのは、人間にとって不快に感じるものでもあります。

浴室暖房乾燥機は、北海道や東北などの寒冷地のかたや、とくに寒がりのかたむきなのですが、床暖房でしたら、関東以南のかたや比較的寒さに強いかたむけです。

実際、現在のリフォーム事情としては、浴室暖房乾燥機を取り付けるかたの方が多いです。

やはり、10年や20年に一度のリフォームですから、多少、高価であったとしても思い切るかたが多いです。

それに、暖房機能のほかに乾燥機が付いているのが魅力的なのだと思います。

床暖房であっても、暖かさは床から上へ上へと昇ってゆきますので、乾燥機ほどのスピードではないにしろ、バスルームの乾燥も早いですし、床の乾燥はもちろんあっという間です。

省エネと住宅ポイントの留意点

kumamoto-542410_1280

この春に始まった省エネ住宅ポイントはご存知でしょうか。

 

省エネ住宅ポイントに関しては、日本におけるエネルギー問題を大きく取り上げられています。

 

 

エネルギーコストの低減そして住宅産業のこれからの大きい発展に寄与しつつ、効果的な貢献が実現されることに大展開する糸口の発端ともなっているものです。

 

 

省エネに関して国は規定されたリフォームしたいしての資金を補助しています。

 
みんながこのことに大いに関心を寄せつつ、とりわけ小学校や中学校での基礎教育をもっともっと充実させるべきでしょう。

 
この省エネ住宅ポイントについての留意点です。

 
1.省エネルギーそして住宅ポイントシステムは、非常に有効なエネルギー問題の解決につながるものです。

 
2.得られたポイントにより、地域の発展および災害地の復興に役立たせる商品券やプリペイドカードなどに大きい魅力があること。

 
3.ポイントの申請のタイミングを決して逸しないこと。

 
4.対象となるのは、屋内になる機器類ではなくて、家屋そのものの構造的な改装=リフォームであること。

 
5.一般の人がもっとも注意すべきことは、実績が多くてスタッフのマナーの良いリフォーム業者を選ぶこと。

 
(このことがもっとも大切であって、あとあとでのクレーム処理にもつながることがあるからです。)

 
6. 国土交通省などの行政機関への申請においても、リフォーム業者との密接な連携がとても大切であること。

 
7. 昨今とくに日本では増加が望まれる太陽光発電システムは対象外であって、太陽熱システムは対象に含まれること。

 
8.国産の自動車のエコカーとまったく同様に、これからの日本においては決して欠かせないものになっていくでしょう。

 

省エネ住宅ポイントに関する情報はこちらで。

 

新潟でリフォームなら!こだわりの女性建築士目線で提案します

アイランドキッチンが人気な理由

スクリーンショット 2015-09-17 10.52.40

 

キッチンのリフォームではアイランドキッチンが人気です。

 

 

アイランドキッチンとはコンロやシンクなどの作業スペースが壁から離れた島のように配置されているキッチンです。

 
一人でキッチンにこもってお料理するのは嫌だという主婦は多いもの。

 

 

アイランドキッチンは家族や仲間と一緒にキッチンを囲めるところが良いところです。

 

 

子供にお手伝いをさせたり、母親がお料理するところを見せるのは成長にもよいことです。

 

 

野菜の皮をむきながら、お皿を洗いながら家族と会話ができるキッチンはきっと楽しいでしょう。

 
しかしアイランドキッチンはダイニングから調理台やシンクの様子が目に入りやすいという特徴があります。

 

 

料理しながら片付けることができればよいですが、現実にはいつもそうはいきません。

 
またアイランドキッチンの上部はダクトスペースになるため収納スペースが少なくなってしまいます。

 
リフォーム後に後悔しないためには、プランを立てる段階でアイランドキッチンの問題点を克服するための工夫が必要です。

 

 

例えば散らかったキッチンがダイニングから見えないように、作業スペースの奥を少し高めにする方法も一つです。

 

 

またキッチンの背面などを利用して収納スペースを確保することもできます。

 
中ほどに配置されるアイランドキッチンでは換気扇の性能も重要です。

 

 

換気不足になると調理中の匂いや油の蒸気が部屋中に充満してしまいます。

 

 

キッチンのスタイルには十分に機能を考えて選んでほしいです。

 

 

おしゃれで機能的なアイランドキッチンへのリフォームでは、家族が自然に集まる快適なキッチンを造りましょう。

 

 

最近のバスルーム事情(保温性のあるバスタブ)

bathroom-389262_1280

一般的にバスルームのリフォームをお考えになるのは、ご家族で住んでいるかたがたでしょうね。

 
他のお部屋も同様ですが、やはりお一人で暮らしている家よりも複数で暮らしている家のほうが、劣化は早いです。

 
とくにバスルームは、家族の人数が多いほど汚れもたまりやすいですし、湿気も充満していてカビが生えやすいです。

 
また、小さなお子様がいらっしゃれば両親のどちらかと入浴するので良いのですが、成長してひとりで入浴するようになりますと、ひとりのバスタイムが終わるたびに追い炊きをしなくてはなりません。

 
冬場などは、ひとりで入っている途中でさえ追い炊きすることも普通のことですよね。

 
これは、今まで使われていたバスタブの保温性が悪かったからでもあります。

 
そして、私たちはそれを普通のことと思っていて、バスタブに蓋をかぶせるなどして少しでも保温をしようと頑張っていたのです。

 
しかし、バスタブの蓋を使用しているかたは年々少なくなってきています。

 
それもそのはず、蓋はつねにお湯からの蒸気で濡れていて、少し放っておきますとすぐにカビだらけになってしまいます。

 
また、冬の寒い時期にお湯が冷めないようにとバスタブの広範囲に蓋をしたまま入浴するかたもいらっしゃいますが、そういたしますとバスルームが温まりませんから、ゆっくりと落ち着いて身体を洗うことも出来ません。

 
それで最新のバスタブは、バスタブそのものに保温性を持たせたものがとても人気なのです。

 
追い炊きの回数を格段に減らすことが可能です。

 
そうすると、ご家族が次々に時間を合わせて慌てて入る必要もないですし、ガス代の節約にもなります。

 
ご家族の人数が多いかたや寒冷地にお住まいのかたのリフォームには、保温性のあるバスタブを強くおすすめいたします。

二世帯住宅のリフォームの相場

bedroom-527645_1280

リフォームの中では高い費用となる二世帯住宅の相場はどれくらいでしょう。

 

 

おおむね30万円以下、150万円以下、それ以上に分かれるようです。

 

 

もちろん、どこまでリフォームするかによって費用は変わってきます。

 

 

既存の住宅にあまり手をかけずに二世帯住宅にする例が多いようです。

 

 

費用を安くしたいと考える人が多いからでしょう。

 

 

二世帯住宅にするためのリフォームだけではなく、これまでやりたいと思っていたリフォームを合わせると価格は高くなります。

 

 

二世帯住宅のメリットは何でしょうか。

 

 

親子が近くにいると言う安心感、子育て支援を親にやってもらえる、金銭面の軽減などが考えられます。

 

 

30万円程度のリフォームでできることは何でしょうか。

 

 

基本的にはバリアフリーのための手すりでしょうか。

 

 

機器代と工事費用で約15万円程度です。

 

 

階段で滑らないように取り付ける滑り止めは1万円もあれば済むでしょう。

 

 

建物の構造に手を加える場合には150万円程度かかります。

 

 

二階にトレイを付ける場合は50万円です。

 

 

二世帯住宅ではトイレ、浴室、台所など水回りのリフォームが多いようです。

 

 

玄関の出入りをスムーズにするためのリフォームのありますね。

 

 

玄関を2か所にするケースもあります。

 

 

おおよそ100万円程度かかります。

 

 

この他にもいろいろなリフォームがあります。

 

 

自分たちがどのような二世帯住宅を求めているか、予算はどれくらいかによって大きく変わってきます。

 

 

家族で十分話し合うことが大切です。

 

 

その上で、できる部分をやるようにしましょう。

キッチンのリフォームと浄水器

morning-819362_1280

現在では多くの家庭でキッチンに浄水器を設置しています。

 

 

キッチンのリフォームでも浄水器をビルトインにする家庭が増えています。

 

 

しかし水道から出る水はキレイなはずなのに、なぜ浄水器が必要なのでしょうか?

 

 

日本の水道水は途上国とは違い、厳しい規定によって高い水質を保っています。

 

 

その上、水が蛇口から出るまで殺菌効果がある塩素が含まれており、安心して飲むことができます。

 

 

それなら浄水器は必要ないと思われますが、この塩素が水道水をまずくしているという実態もあります。

 

 

いつも田舎で井戸水を利用している人が都会の水道水を飲むと、必ずと言っていいほどまずいと感じるようですが、これは塩素によるカルキ臭が原因です。

 

 

浄水器は活性炭やろ材、セラミックなどを利用して残留塩素やカビ臭、カルキ臭など、身体に悪影響を及ぼす危険物資やさびを取り除いてくれます。

 

 

マンションでは貯水槽の水を利用しているため、水質が劣ることも考えられますが、浄水器を設置していれば、不純物を取り除けるため安心です。

 

 

浄水器は家族の健康に関わるキッチンの水を、いつも安全で美味しい水に保ってくれるのです。

 

 

浄水器には色々な種類があります。蛇口直結型、据え置き型、元栓直結型、ビルトイン型など、キッチンのスペースや用途、費用を考えて選ぶとよいでしょう。

 

 

ビルトイン型の浄水器の場合には簡単なキッチンのリフォームとなります。他の型に比べて初期費用はかかりますが、カートリッジの交換期間が長く、お手入れも簡単です。

新潟でリフォームなら!こだわりの女性建築士目線で提案します