カテゴリー別アーカイブ: 補助金・助成金

寒いトイレや脱衣所は高齢者には危険です

脱衣

冬期はとくに高齢者の方には部屋から部屋への移動時などの気温差に注意が必要な季節です。

 

高齢者の死亡原因のトップは入浴後に脱衣室で倒れたいり、夜中にトイレに行って倒れるというケースが多いそうです。

 

今でも築年数の古い家はタイルのお風呂だったり、トイレも和式のお住まいの方は数多くいらっしゃいます。

 

こういった昔ながらのお風呂やトイレは個人的には好きですが。

 

寒くて冷たい冬を快適に過ごすには昔ながらのトイレは気温差があって少々不向きですね。

 

高齢者や小さいお子さん。またはご家族のためにも脱衣所を暖かくしたり、トイレにも暖房を入れたりと工夫されてみてはいかがでしょう。

 

脱衣や洗面室には小さな電気ストーブを設置する。トイレには人感式の暖房機を入れるなどでも十分に暖かいです。

 

しかし、そこへ行くまでの廊下が寒かったり冷たかったりだと意味が無いです。

 

私の祖母はお風呂あがりに髪の毛が濡れたまま自室まで辿り着き、そこで心筋梗塞で亡くなりました。

 

大切な家族を守れなかった後悔はいまだに心の奥に残っています。

 

大切な家族を守るために・・・。

 

これからもし、トイレをどうにかしたい。

 

でもあんまりお金を出したくないなあ。

 

とお悩みなのであれば解決する方法があります。

 

水洗化工事の助成制度があります。

 

助成金を受けるには・・・。

 

助成金を受けるには、下水道事業受益者負担金・分担金、下水道使用料を滞納していないことが条件です。

 

水洗化と同時にトイレを改造する場合で高齢者および障がい者向け住宅リフォーム助成制度を利用する場合は、事前にお住まいの区役所健康福祉課へ相談することができます。

 

助成金の申請とかって面倒くさい。

 

面倒くさいことは業者にまかせればいいのです。

 

工事を依頼される業者が決まっている方はご相談されることをオススメします。

 

まだ決まっていないけど・・・・。なのであれば。

 

トイレの改装を予定の方は一度、弊社にお問い合わせいただければ対応させていただきます。

給湯器の種類とメンテナンス

エコジョーズ

ご自宅の給湯器は時々は点検されていますか?
設置したとき以来ずっと放っていませんか?

 

そもそも給湯器にできることはなにかご存知でしょうか。

 

給湯器には、お風呂を沸かす、シャワーや台所でお湯を出す、
床暖房に使用など様々な機能と用途があります。

 

給湯器には号数というのがあります。俗にいう24号という号数をお聞きになった方はいらっしゃるかと思います。

 

しかしこの24号という数字の意味は知っていらっしゃる方は少ないかもしれません。

 

給湯器の24号というと水温+25℃のお湯を1分間に24リットル出湯する能力のことを言います。

 

例えば4人家族だとキッチン・バス・洗面の一日の合計が約27,4号になり、31号があてはまるのですが同時に3箇所使うことはないので24号がおすすめです。

 

2人家族の場合は一日の合計が約22,6号ですが同時に使うのはせいぜい2箇所ですので20号がおすすめということになります。

 

どちらにしても家族構成や一日に使う使用料をよく検討されて給湯器の号数を選んだほうがあとあと後悔しません。

 

他にはガスがメインでの給湯器ではエコジョーズがおすすめです。

 


石油がメインのご家庭ではエコフィールという給湯器も有ります。

 

使用頻度によってはメンテナンスの時期が早くなりますので、時々は点検したいものです。

 

助成金の対象となっている給湯器もありますので、そろそろ給湯器を取り替えたいとお考えのご家庭は専門機関に相談されるか。

 

弊社でも助成金の代行も行ったおりますのでお気軽にお声掛けくださいね。

 

ペット共生型のマンションが人気です

賃貸住宅や集合住宅だからペットを飼って一緒に住むのは無理だとあきらめていませんか。

ペット

近年ペットを飼う人が増えているため、賃貸マンションや賃貸アパートなどでもペットOKの物件が増えています。

 

ペットと一緒に暮らすことができる住まい選びの選択肢が広がっているのです。

 

どうせ借りるならばアパートよりも防音性に優れているマンションにした方がペットの鳴き声対策がしやすいのでおすすめです。

 

最近は分譲マンション並みに最新設備やサービスの充実した賃貸マンションがあるため、ペットに合わせて自分たちに合った住まい探しをするといいと思います。

 

今はペットと暮らせるマンションは当たり前の時代になってきました。

 

そればかりかペットを飼育するためのサポート設備やサービスを備えているマンションまであります。

 

詳しく細かい数値までは把握しておりませんが近年の新規分譲マンションでは8割以上がペット可となっています。

 

賃貸マンションにおいてもが集まっています。

 

ペット共生型賃貸住宅とは、ただ単にペットが飼える「ペット可」賃貸住宅とは違い、ペットにも入居者様にも最大限満足してもらえることを目指した賃貸住宅のことです。

 

分譲マンションのようにペット共生型が当たり前とまではいかないようです。

 

賃貸の場合にはやはり退去時の原状回復におけるトラブルなどを嫌って、分譲マンションほどはペット共生型マンションが増えていないそうです。

 

ペットを飼っているのを前提としたペット共生型の賃貸マンションはその数を増やしているそうです。

 

一昔前のマンションではペット不可が当たり前でしたが、そのころから比べればペットと暮らすための住まいの選択肢は着実に広がっているのです。

 

これからペットを飼って見たいという方や今のお住まいでは飼うことが厳しくなっていられる方は一度不動産屋に相談されてみてはいかがでしょうか。

 

それでも一度飼うと決めたら最後まで面倒をみることが大前提です。

 

そうでなければオススメできません。

トイレリフォームの融資制度

toire-

水回りのリフォームというとまずはじめに思いつく場所はトイレのリフォームが多いと思います。

 

その次にお風呂やキッチンとなるようですね。 新潟の冬季期間は寒くて冷たいです。

 

高齢者の方がトイレやお風呂で亡くなるケースも多いと聞きます。

 

リフォームしたいけど、いまはお子さんにお金のかかる時期だったり、将来のために預金を崩したくない。

 

リフォームしたいのはわかっているけど生活が苦しくなるのは困る・・・。

 

など、様々な理由でトイレのリフォームに足踏みしたいるのではありませんか?

 

そんな方に朗報があります。

 

新潟市ではトイレのリフォームに関する融資の制度があることをご存知ですか?

 

公設浄化槽に接続するための排水設備工事費を無利子で融資するという制度です。

 

くみ取り便所を水洗便所へ改造する場合や。

 

単独処理浄化槽を廃止して公設浄化槽へ接続する場合など。

 

公設浄化槽の設置に伴って排水設備工事を実施する際に、融資を受けることができます。

 

無利子で融資を受けてその後60ヶ月(5年)で返済すればいいものです。

 

大便器1個または浄化槽1槽につき100万円を借りることができます。

 

トイレのリフォーム工事を業者に申し込むときに業者へ融資を受けたい旨を伝えてください。

 

弊社でも新潟市の融資制度についての代行も行っております。

 

お気軽にお声掛けくださいね。

リフォームのイメージ

130812-01

今、住んでいる住宅をさらに住みやすくする為のリフォームが注目を集めています。

 

リフォームにも様々な種類があり、お部屋・キッチン・お風呂場など壁紙を張り替えるなどの一部分だけをリフォームする場合などから。

 

部屋の増築や2階を作るなどの大規模のリフォームなどまでがあり、リフォームを請け負う業者もニーズに合わせて年々増加しています。

 

リフォームを行いたい場合にもっとも重要なのが、業者にリフォーム相談を行う前に実現させたいことや解消したい悩みを今一度確認することが大切です。

 

お住まいの家をリフォームするイメージを作っておくことです。

 

例えば、廊下に収納スペースを作りたい・リビングから子供の様子が見れるようなキッチンを作りたい・バリアフリー対応の浴室やトイレに作り替えたいなど、できる限り具体的にリフォームのイメージを描いておくことが大切です。

 

リフォームのイメージがはっきりと固まっていると、業者側に相談する際にも希望しているカタチが伝わりやすく、その後の打ち合わせもスムーズに進みます。

 

さらに、おおまかなリフォームの予算を決めておくこともポイントの1つです。

 

リフォーム会社を選んだ後、契約を行うまでの一般的な流れとして、まず選んだ会社に問い合わせを行い、担当者とリフォームのイメージをお話して打ち合わせを行います。

 

その後、プランの提案・見積書・資金計画の流れとなっています。

 

見積りなどは無料で行ってくれる業者も数多くあり、プランの提案に対してもこの時点で変更ができるので納得できるまでリフォームのイメージを相談するのがポイントです。

 

さらに契約が結ばれた後の一般的な流れには、設備・商品などを選び、家具などの移動などが行われ、工事がスタートし、その後アフターフォローまでがしっかり行われます。

 

お客様のリフォームのイメージを形にしていくことが弊社がもっとも大切にしていることです。

 

お気軽にお問い合わせいただければと思います。

室内干しホシ姫サマの設置

束を四隅および中間の6カ所にたてて下地の補強をします。
補強が終わったら断熱材をもとにもどして物干をはめ込みます。

 

墨だしが終了するとノコギリでカットに入ります。
設置箇所のカット作業が終了したら天井裏の断熱材をはずして

 

束を四隅および中間の6カ所にたてて下地の補強をします。
補強が終わったら断熱材をもとにもどして物干をはめ込みます。

 

この時にリモコン用の電気コードを引くのを忘れないようにします。
かなりの重量がありますので大人3人がかりです。

 

はめ込む作業が終わるとあとはビスで止めて終了です。
設置終了後はリモコンが正常に作動するか確認します。

 

 

 

外壁塗装を行う時期

外壁

リフォームなどで外壁塗装を行う際、どのような時期に行うのがいいのかということを詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。

 

外壁塗装は天候や気温などに左右されやすいので、できれば避けておいた方が良い時期もあります。

 

塗装のカタログを見ると、気温が5度以下、湿度が80%以上のときは、塗装を避けてくださいと書かれていることがあります。

 
そう考えると、真冬に外壁塗装をするのは、あまり向いていないとも言えます。

 

首都圏や、南の暖かい地域ならば、そこまで気温が下がることもないので、冬でもそこまで問題になることはないでしょう。

 

しかし新潟は真冬は気温も低く、風も強いのがあたりまえです。

 

塗装は上塗りをしていくのが基本です。

 
そのため、下地が十分に乾いていないと、上塗りすることができません。

 

気温がとても低い場合は下地がなかなか乾かないため、乾燥までに時間がかかってしまいます。

 
特に東北地方では、真冬の時期は気温5度以下の日がほとんどです。

 

さらに0度以下になってしまうと塗膜が凍ってしまうため、もはや仕事になりません。

 
ですので、これらの地域では冬の一定期間は外壁塗装などはほとんど行われていません。

 

また、いつ塗り替えを行うべきかというサイクルは、下地の材料や外壁の種類によって異なってきます。

 
塗装は建物が傷まないために必要なことです。

 

直接、紫外線や風雨などにさらされてしまうと、建物はすぐに傷んでしまいます。

 
そうならないためにも、適切な時期にリフォームを施しておきたいものですね。

 

外壁塗装のリフォームを予定されている方は思い立ったらすぐにできる季節かどうか。

 

建物がそれほど傷んでしまわないうちに。

 

お気軽にご相談いただければと思います。

空き家リフォーム活用の助成金

空き家

新潟市空き家活用リフォーム推進モデル事業という制度があることをご存知でしょうか?

 

26年6月30日より受付開始となっています。

 

弊社では新潟市の健康すまいリフォーム支援事業の申請の代行などを行っていますが、他にもリフォーム補助は複数あります。

 

「空き家活用リフォーム推進モデル事業」は・・・

 

新潟市では空き家の利活用の促進を図るため「福祉活動」「文化活動」及び「住み替え」といった新潟市が進める施策において空き家を活用する場合に、そのリフォーム費用の一部を補助するという制度です。

 

地域の茶の間やシェアハウス、障害者グループホームや漫画家志望者向けシェアハウス、他にも子育て世帯・高齢者世帯・障害者世帯も対象となっています。

 

補助率についてはそれぞれリフォーム費用の1/2となっています。

 

補助の最高額は対象タイプによって違います。

 

福祉活動活用タイプ・文化活動活用タイプ・住み替え活用タイプ
があり、その中でもさらに7項目にわけられています。

 

福祉・文化では最高100万円。住み替えでは最高50万円の補助を受けることができます。

 

特に推奨されているのは「住み替え活用タイプ」の中の「子育て世帯」という用途で、「中学生以下の子供がいる世帯または妊娠している者がいる世帯」が対象となっています。

 

小さいお子さんがいる。妊娠している。などの理由で、これから住宅を購入する予定のある方は過去に他の助成金の制度を受けていなければ申請することが可能となります。

 

健康すまいリフォーム支援事業と違うところは、基本工事の内容などに特別な縛りがないところです。

 

ただし、あくまでも「空家」が対象であって、分譲マンションや、アパートなどは申請できません。

 

受付順に助成金額が決定しますので、空家購入を考えていらっしゃるご家庭は、ご自身の購入されようとする用途がどこのタイプにあてはまるのか?

 

または、どういった助成金の制度があるのか?
弊社にお電話いただければ、ご相談に対応させていただきます。

 

お電話いただく際に、「ホームページを見た」と言っていただけるとお話がスムーズにいきます。