子供部屋の改装

よくご相談を受ける部屋の中でも一番悩んでいらっしゃるのが子供部屋のリフォームかもしれません。

最初はご夫婦二人だったのに。お子さんが生まれて、またうまれて。
二人から三人。三人から・・・。そう子だくさんではないにしろ

小学校にあがるころから「勉強部屋があったほうがいいかしら?」と悩まれるご家庭は多いはず。

個人的には子供部屋はいらない。と思っています。
なぜならリビングで十分だからです。

子ども部屋だったのはほんの数年間であとは物置と化してしまうことも現実です。

寝るときだって大きくなるまで我が家も川の字でした。

親の顔の見えるところで、声の届くところで宿題するのが一番です。

個室に籠ったからといって勉強できるはずがないと思っています。
(これは経験ずみ)

アメリカなどでは赤ちゃんのころから自立心を育てるためにベビーベッドを別室に置くことが多いようですが。

これを怠ったからといって自立心が育たないとは思えません。

でもどうしてもというのであればご両親の隣の部屋にスペースを作るなどがいいでしょう。

最初は広い1室にしてあとから仕切ることが可能なデザインにすることも最近は増えています。

遊び場オンリーにして友達のお子さんがいらした時などに目の行き届く範囲で仕切るなどもいいと思います。

壁や天井など淡い色合いで子供らしく可愛い雰囲気であれば、特別に色を気にすることもなく、御両親の趣向でいいと思います。

子供の性格などによって、また本人の趣向も含めて選んであげるのが理想だと思いますが、まだ解りません。

壁紙の色は、刺激があり過ぎても無さ過ぎてもよくないと言われ、真っ白い壁や原色、ビビッドカラーはNG。

勉強部屋=悪さをする部屋にしないためにも子どものころから片付けを一緒に行う。布団の上げ下げを手伝わせるなどしていけば十分にコミュニケーションもカバーできるでしょう。

新築時はもちろんのこと。リフォームするのであればなおのこと。
お子さんの成長は本当に早いですから、やってしまってから失敗したではもったいないです。

ぜひともご家族で十分にご相談されて快適な空間をデザインされることをおすすめします。


女性建築士だからできる。水回りリフォームは女性ならではのきめ細かい目線で、リフォーム完了後もアフター万全。快適な住空間をご提案いたします。健幸すまいリフォーム事業も応援しています!