012

トイレのリフォーム

012
———————————————————————————-
トイレのリフォームのポイント
———————————————————————————-

トイレのリフォームで注意しなければならないことを説明しましょう。
まず、どのようなトイレにしたいかと言うことです。
和式トイレを洋式にするパターンが一番多いかもしれません。
しかし、最近のトイレはすでに洋式の方が多いはずです。
ただ、洋式の場合でも温水洗浄や脱臭機能が付いているかわかりません。
リフォームを考えている場合は、最新のトイレに交換しましょう。
中途半端なリフォームは後で後悔します。
少しリフォーム費用がかかっても、これからの若い人たちが利用することを考えてください。
実は温水洗浄便座の価格は決して高くありません。
思っている以上に安くて済みます。
まずは見積もりをしましょう。
賃貸住宅の場合は、大家さんに言えばリフォームをしてくれる場合が多いようです。
住居者の方から申告しないと大家さんは何もしません。
これから自分の家のトイレをリフォームしようと考えているなら、まずは10年後を考えてください。
トイレは高齢者にとって非常に重要です。
極論をすれば、若い人たちのことは考えなくていいのです。
若い人は最終的には他所に行ってトイレを済ませればいいでしょう。
しかし高齢者はそうはいきません。
自宅から動くことができません。
毎日のトイレが気持ちよくできるかどうかは、長生きできることと密接に関係しています。
そのことに気づいてください。
だからこそ、現代のトイレはリフォームが重要になっているのです。
どこのメーカーに相談しても同じことを言われるでしょう。

———————————————————————————-
トイレのリフォームの相談
———————————————————————————-

トイレは家の中でも特別な空間です。
きれいで快適にしておきたいと思うでしょう。
そのためトイレのリフォームを考える家庭も多いのですが、どのようなリフォームがいいのか悩んでしまいます。
まずは施工会社などに相談してみることでしょう。
ただ、リフォームありきの相談では、価格や便器の形などがメインの話になってしまいます。
リフォームの目的を明確にすることが大切でしょう。
トイレの便器はどれも同じだと思っていませんか。
実はメーカーによって微妙に違いますし、同じメーカーでも形によって違うのです。
それから、便器だけを見るのではなく、壁紙やトイレットペーパーの取り付け位置など気になるところはたくさんあります。
最近の便座は温水洗浄便座が主流です。
便器と一体型になっているタイプもありますが、別売りで後から取り付けられるタイプが多いでしょう。
トイレをリフォームせずに便座だけを交換することができるのです。
まずは自分の家のトイレがどのような形になっているかを確認しましょう。
インターネットで調べてみるとすぐにわかります。
便器にはメーカーと型式が記載されています。
和式トイレを洋式にリフォームするケースが一番多いかもしれません。
高齢者がいる家庭では、手すりなどを付けるリフォームもあるでしょう。
トイレのリフォームは10年後、20年後を見据えて行うべきでしょう。
施工会社がそこまで考えてくれるとは思えませんから、家族でじっくりと話し合ってください。